前髪に白髪が急増?!原因と対策を探ってみた!おすすめの部分用白髪染めも紹介♪

部分的な白髪に悩まされている人必見!

白髪といえば、黒髪に紛れて何本か見えるようになってきた・全体的に目立ってきた・分け目の白髪が目立つ……など色々な悩みがあると思いますが、厄介なのが部分白髪です。

例えばこめかみだけ、襟足だけなど、一箇所に白髪が集中しているととても目立つんですよね。

そこで今回は、前髪の白髪にスポットを当ててみました!

前髪を下ろしている時は気付かない、だけどよく見たらビッシリと白髪が!なんていう人に、その対策とおすすめの部分用白髪染めをお伝えします!


気になる前髪の白髪…原因は何?

前髪の白髪は、鏡に向かった時にすぐに目に入るので、比較的気が付きやすいものですよね。生え始めもすぐに気が付きますし、増えてくると気になってしょうがないのが前髪の白髪です。
まずは、前髪の白髪の原因を探ってみました。

目の酷使や老化

デスクワークで常時パソコンに向かっていたり、書類に目を通すことの多い仕事をしている人は要注意!1日の大半、目を酷使しなければならない環境にある人は、前髪の白髪が増えやすいと言えるでしょう。

なぜなら、パソコンの画面や細かい文字をずっと追っていると徐々にピントが合わなくなってしまい、目の周りの筋肉が強張ってしまうのです。すると、額や生え際の血管が収縮され、血流が悪くなります。

血行不良になるということは、髪に必要な栄養が滞ってしまうということ。黒く太い健康な髪を維持していくための、重大な弊害となってしまいます。

化粧品やクレンジングの付着

どんなに気を付けていても、ファンデーションやクレンジング剤、洗顔料が前髪につくのは避けられませんよね。実はこれが、前髪の白髪につながってしまいます!

例えばメイクの時に、化粧下地やファンデーションが前髪につくと、そのまま毛穴をふさぐ可能性があります。

クレンジングや洗顔料も同じ。広範囲にわたってすすいでいるつもりでも、意外と残っているものなんですよ。肌に良いスキンケアコスメでも、髪に良いとは限りません。むしろ、髪には良くない成分で毛穴を塞いでしまい、毛根や頭皮に負担をかけているかもしれないのです。

白髪が気になるたびに抜いている

1本2本目立つ白髪って、ついつい抜いてしまいたくなりますよね。
前髪は特に目につきやすいですし、洗顔やメイクのついでに、何も考えずに抜いてしまうことがあると思います。しかし、これが前髪の白髪を増やす原因になっているかもしれません。

白髪を抜くと白髪が増えるという説に医学的根拠があるわけではありませんが、確実に言えることは、毛を抜くことで毛根や毛穴周囲の皮膚が刺激を受けているということ。

頭皮にダメージが蓄積されると、当然のことながら髪に必要な栄養やメラニン色素が行き渡らなくなってしまいます。
気になる白髪を抜きたい気持ちは分かりますが、そこは我慢が必要です!

「前髪だけ」と思い込んでいるケースも

意外と多いのがこのパターン。
本当は全体的に白髪が増えてきているのに、見えている部分だけを気にしているという人は決して少なくないんですよ。

前髪の白髪ばかり気にするのはやめて、頭頂部・横・後頭部をくまなくチェックしてみましょう。

前髪の白髪を白髪染めで染めるのはOK?

白髪を隠すなら白髪染めを使えば良い!と思いつく人は多いですし、実際すでに使っている人もいるでしょう。しかし、前髪の白髪には一般的な「白髪染めヘアカラー」は適していません。それがなぜなのか、詳しく見ていきましょう。

量が合わないのでもったいない

普通、市販の白髪染めはセミロング1回分とされています。ロングではなくショートでもない、ちょうど良い長さですよね。

しかし、これはもちろん髪全体を染める場合の量ですから、前髪の白髪を染めるためだけに使うのはさすがにもったいないと言えます。

特に、初めから容器に入った液体にカラー剤を混ぜて使うタイプのものは、保存ができません。1剤と2剤を自分で混ぜて使うタイプのものなら、使わない分をとっておくことができますが、前髪を染める分量だけを使うのは、かなり難しいですよね。

全体染めと同じ時間がかかる

染めたい髪の量が少ないからといって、染める時間が短くなるわけではありません。

ロングヘアもショートヘアも同じく20~25分の放置時間があるように、前髪の白髪だけを染める場合でも、同じように時間がかかるのです。

前述したヘアカラーの量と同じで、これももったいないですよね。

前髪の白髪は部分染めしよう!おすすめ商品5選!

前髪だけを染めたいなら、部分染めに適している白髪染めが一番です!放置時間が少なく、気になってきた時にササッと使えるアイテムを選びましょう。

ブラシタイプ

容器を開けるとフタの裏にブラシが付いていて、気になる部分に直接塗ることができるタイプです。

これは分け目やこめかみ、襟足の白髪が気になっている人にもおすすめ。どちらかというと、部分的に白髪が密集していて、なおかつ量が多いというケースに向いていますね。

利尻白髪隠し


白髪に悩んでいる人なら、「利尻ヘアカラーシャンプー」の名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
利尻昆布エキスとその他の植物由来の成分で作られた、無添加のヘアカラーシャンプーが、洗い流さない「白髪隠し」として使えるようになりました。

カラー展開は4色で、自分の髪色に合わせて選べるので、隠した部分が逆に目立ってしまうことはありません。
使い続けるうちに白髪が目立たなくなってきたという口コミもある、人気の商品です。

マスカラタイプ

メイクに使うマスカラと同じように、白髪をしっかり隠したい時に活躍するタイプ。白髪の量はそれほどでもないけれど、だからこそ余計に目立ってしまうと悩んでいる人におすすめです。

出かける直前に白髪に気付いてしまった!という時に便利なので、1つ持っておくと良いかもしれないですね。

サロンドプロ カラーオンリタッチ


「サロンドプロ」の名前も、白髪染めやオシャレ染めで有名ですよね。
カラーオンリタッチは、マスカラ式で数本目立っている白髪をしっかり隠したり、伸びた部分の白髪が気になる時に良いでしょう。

こちらも、使っているうちに徐々に白髪が染まってくるというスグレモノ。
ちょっとした雨では色落ちすることもないので、白髪の応急処置としては優秀です。

スプレータイプ

気になる部分にさっと一吹きできる、もっとも時間がかからないタイプの白髪隠しです。前髪を上げた時にかなり白髪が目立つ人、前髪だけではなく頭頂部辺りの白髪も気になっている人にはおすすめです。

ただしスプレーの範囲をしっかり把握しなければ、額が汚れてしまいます。目に見える範囲だけに使うようにしましょう。

イリヤコスメティクス 彩 酸性ヘアカラースプレー


水分でベタっとなりがちなスプレータイプですが、イリヤコスメティクスの彩は、ふんわりとした自然な仕上がりになります。

シルクプロテイン配合で髪にコシやハリを与え、ヘアマニキュア成分で少しずつ髪を染めてくれるところが魅力。
スプレー特有の匂いが抑えられているため、誰にでも使いやすいカラースプレーと言えるでしょう。

ファンデーションタイプ

メイクに使うファンデーションと同じような仕様で、白髪を隠してくれるアイテムです。カラーをパフに馴染ませて、髪にポンポンと置くようにして使います。

化粧ポーチに入れておけば、気になる時にいつでも使えるのが嬉しいですね。
生え際ぎりぎりまで隠したい場合は、眉用のブラシや綿棒につけて使うのがおすすめです。

アモロス ヘアファンデーション


とてもコンパクトで、いつでもどこでもサッと使えるところが魅力です。
パッケージが可愛らしいので、白髪隠しには見えないのも嬉しいですよね。

ただ、つけた後に髪をかき上げたり帽子をかぶると色落ち・色移りする可能性があるので気を付けて下さいね。

スティックタイプ

このタイプの白髪隠しは口紅に似ています。フタを開けてスティック下部をくるくる回すとカラーの部分が出てきて、それを直接髪に塗るようにして使います。
簡単に使えてしっかり染まるので、初心者さんにもおすすめですよ。

ただ、内容量はそれほど多くありません。1回に使う量が多いとすぐになくなってしまうので、1本2本気になった時だけにしておきましょう。

LPLP ヘアカラースティック


ウォータープルーフのスティック白髪隠し。無添加なので敏感肌さんも安心して使えます。

シルバーの小さなスティックなので、見た目は本当に口紅みたいです。
バッグや化粧ポーチに入っていても、何の違和感もないところが嬉しいですね。

白髪用ヘアカラーシャンプーでも有名なLPLPですが、こちらの白髪隠しも肌に優しく匂いがマイルドで、多くの女性に人気があります。

女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング最強10選※口コミで人気!

2018.09.19

白髪染めシャンプーって染まらない?メリット・デメリットとおすすめ5選!

2018.08.23

白髪サプリおすすめ人気ランキング最強20選!改善・予防効果に◎今すぐ対策!

2019.02.27

これ以上白髪を増やさない!予防策を大公開

染めても隠しても、一旦生えてきた白髪はどんどん増えてきてしまいますよね。一番良いのは、白髪をこれ以上増やさないこと。そして、元の健康な黒髪に少しでも戻すことです。
最後に、予防策や対策をまとめました。

頭皮を清潔に保つ

まず大事なのは、髪と頭皮を常に清潔にしておくことです。肌に優しい低刺激シャンプーで頭皮を健康にし、乾燥を防ぎましょう。

特に女性は頭皮が乾燥しがちです。保湿成分が入ったシャンプーを使ったり、ドライヤーの温風を当てすぎないようにするなど、ちょっとした工夫が白髪を防いでくれますよ。

毎日のようにジェルやワックスなどの整髪料を使っている人は、毛穴に汚れが詰まりやすいので、特に気を付けて下さいね。

規則正しい生活を送る

乱れた食生活、夜更かし、運動不足……。これらはすべて、健康な黒髪の大敵です!
品数の多い献立を整え、日付が変わる前にベッドに入り、日々の生活の中で少しでも身体を動かすように意識しましょう。

すべてを一度に完璧にやらなくても良いのです。ほんの少しの意識改革で、髪にも美容にも良い生活が送れますよ。

ストレスをためない

ストレスといっても、イライラすることだけがストレスなのではありません。心配事や緊張、プレッシャーなど、さまざまなことが私たちのストレスになっています。

ストレスを感じると食欲や睡眠に影響が出てしまい、血行不良やホルモンバランスの乱れを招きます。よく、ストレスで白髪が増える・薄毛になると言いますが、それもあながち嘘ではないんですよ。

ストレスは溜め込まずに適度に解消し、意識的に笑顔をつくるようにしてみましょう。

まとめ

前髪の白髪に気付いてしまうと、鏡を見ていない時でも常に気になってしまいますよね。白髪を気にするあまりに帽子が手放せなくなったり、おしゃれなヘアアレンジを楽しむことができなくなったりと、マイナス面ばかりが出てきてしまいます。

使いやすく、自分に合った白髪隠しで今まで通りおしゃれを楽しみ、人目を気にしない毎日を送りましょう。
そして髪や美容に良い生活習慣を身につけ、健康な黒髪をぜひ取り戻して下さいね。

女性におすすめの白髪染めトリートメントランキング最強10選※口コミで人気!

2018.09.19

白髪染めシャンプーって染まらない?メリット・デメリットとおすすめ5選!

2018.08.23

白髪サプリおすすめ人気ランキング最強20選!改善・予防効果に◎今すぐ対策!

2019.02.27