悩める目のクマはコンシーラーで綺麗さっぱり隠しちゃおう!

「おはよー」と言った瞬間、「どうしたの?!その目のクマ!」と言われてしまったことはありませんか?

目元にどよーんとクマを携えた目は、周囲の人を驚かせてしまうくらいの疲れ顔、病的な顔を演出します。
自分自身も、クマがある日はテンションが急降下してしまいますよね。

周囲に負のオーラをまき散らさないために、必死にメイクで隠そうと試みた経験がある女性も多いのではないでしょうか。

クマは普通にメイクをしたくらいでは、簡単には隠すことができない手強い存在です。

貴女の魅力を半減させてしまう憎き目のクマを攻略すべく、今日は目のクマのいろはと、上手に隠すためのコンシーラーの使い方をマスターしましょう!


まずは敵を知る!目のクマについて知識を深めよう

そもそも、目のクマは何故出来てしまうのでしょうか。

クマが出来やすい人とそうでない人もいるような・・・?
その日によってもクマの色が違うような・・・?

まずは目のクマにはどういう性質や種類があるのかを知り、自分のクマは何が原因で出来ているのかを探ってみましょう。

目のクマが出来やすい人の特徴はこれ!あなたは当てはまる?

目のクマが出来る原因は大きく分けて3つあります。

目の下というのは、顔の他の部分に比べて皮膚が非常に薄くなっています。
そのためちょっとしたことでも刺激を受けやすく、見た目の変化も現れやすい場所なのです。

まずはどの様な原因でクマが出来てしまうのか、チェックしてみましょう。

目が疲れている

パソコンやスマホの見過ぎ、本などで小さな文字の見過ぎ、そして寝不足などによって目が疲れている時にはクマがでやすくなります。

目の酷使で疲れてしまうことで皮膚の血流が悪くなり、目の下に滞った血が薄い皮膚を通して透けて見えている状態がクマなのです。

肌ケアが雑

お肌を大切にケアしていない方に起こりがちなタイプのクマもあります。

眼をよくこする癖があったり、ゴシゴシと力いっぱい洗顔したりと、肌をいたわらない毎日を過ごしていると、目の下の皮膚が摩擦や刺激によって色素沈着を起こします。

また、UVケアを怠って日の光をたくさん浴びると、メラニンがどんどん蓄積されて、更に濃いクマになってしまいます。

年齢を重ねている

加齢によってコラーゲンやエラスチンなど皮膚の水分を保つ成分が減少し、目の下がたるんでくぼみが出来てしまうと、影ができてクマのようになってしまいます。

表情筋の衰えもこのタイプのクマを更に目立たせますから、喜怒哀楽などの表情が少ない人は要注意です。
なるべく「喜」と「楽」の表情で表情筋を動かしましょうね!

目のクマには種類がある?!色や特徴別に解説

目のクマが出来やすい人の特徴を見てみましたが、あなたはどれに当てはまりましたか?

さてこの3タイプは、クマの色でも区別できることをご存知でしょうか?

青クマ

1番の目を酷使したことで出来たクマは、色が「青」になりがちです。
通称「青クマ」です。

年齢問わず、多くの男女がこの青クマを携えています。

特に近年のパソコンやスマホの普及、そしてそれに伴う寝不足が、この青クマ人口を急激に増やしている原因になっています。

目の下の血行不良を上手く改善出来れば、次の日にでも消えてしまいます。

茶クマ

2番の肌ケアが雑な人達が持つのは、茶色い「茶クマ」です。
刺激や摩擦、日焼けによる色素沈着が原因なので、メラニンの蓄積により茶色になります。

つまり原理としてはシミと同じですので、肌を優しくケアすることはもちろん、美白ケアや紫外線対策を日頃から念入りにする必要があります。

年齢によるたるみ

最後の3番は年齢を経たことによるたるみが原因ですので、そのたるみが物理的に陰を生んでクマを作るので、色としてはグレーや黒っぽく、黒クマと呼ばれます。

保湿力を高めなければたるみは改善しないので、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が配合されたジェル、美容液などで目元のケアをしっかり行う必要があります。

♔くまの種類別アイクリーム特集を見る

目のクマをコンシーラーで無かったことに!

青クマは自分の心構え次第で避けることができますが、茶クマや黒クマの肌ケアによる解消は意外と難易度が高いことが予想されますよね。

攻略難易度的には「青<茶<黒」の順番ですね。

そこで目のクマに悩める女性の味方、コンシーラーの登場です!

コンシーラーを上手に使えば、ほんの1分前まであった目のクマが、1分後には嘘のように綺麗に隠せてしまいます。
でも、上手く隠すにはそれなりに知識とテクニックが必要です。

目のクマにコンシーラーを使う時の大事なポイントをご紹介します。

クマの色によって使うコンシーラーを分けるのが上級テク!

コンシーラーなら何でも良いというわけではありません。
目のクマの色によって、コンシーラーの色や塗り方を変えると、より効果的になります。

コンシーラーの色

青クマの場合は「オレンジ系」、茶クマは「イエロー系」、黒クマは「ベージュ系」「オークル系」のコンシーラーを付けると、クマの色味を上手く軽減させることができます。

  • 青クマ ⇒ オレンジ系
  • 茶クマ ⇒ イエロー系
  • 黒クマ ⇒ ベージュ系・オークル系
塗る順番

また、コンシーラーを塗る順番も大切です。

一通りメイクをし終わって最後にコンシーラーを塗るのはNGです。

保湿などで肌をしっかり整えたら、まず下地やBBクリームなどを塗ります。
その後にコンシーラーです。

クマが気になる部分に、そのクマのタイプに合った色味のコンシーラーをしっかり馴染ませます。
指の腹でトントンと優しく叩き込んで馴染ませましょう。

その後、その上から通常のファンデ―ションなどのメイクを施します。
コンシーラーを塗った部分は優しくファンデ―ションを乗せてください。

それでもまだクマが目立つ場合は、更にコンシーラーを薄く重ねます。
これで大抵のクマはほぼ目立たない状態まで持っていけます。

最後にパウダーファンデーションを薄く重ねて完成です。

次々と重ねるため、慣れないうちは厚塗りになってしまい、よれたり亀裂が入ったりと逆に目立ってしまうこともあるかもしれませんが、なるべく薄く塗り重ねていくことを心掛けて、早くテクニックを身に付けましょう。

注意!
鏡を至近距離で見て一生懸命クマに対処するのは良いですが、メイクが終わったら必ず少し遠目から完成度をチェックすることも忘れないでください。

遠くから見ることで、実は目の下と周囲の皮膚との間に色の境目が出来てしまっている場合も!
一生懸命カバーし過ぎてクマの部分がペンキを塗ったように綺麗過ぎても、逆に不自然です。

くまの種類別アイクリームランキング!茶クマも黒クマも…改善法総まとめ

2018.09.15

コンシーラーには意外といろんなタイプがある!

コンシーラーの世界も進化していて、様々な質感、形状のものがたくさん売られています。

リキッドやクリームタイプで伸びが良く薄付けできるもの、ペンシルタイプでピンポイントに塗りやすいもの、口紅のようにスティック形状でクレヨンのような質感のもの、パレットに入ったパウダータイプで筆やチップ、クッションで塗るものなど、様々です。

どれを選ぶかは貴女の肌に馴染みやすい質感のもの、そして先ほどの色味を考えたチョイスが重要になってきます。

目の下は皮膚も薄くデリケートな部分で、しかも表情を変える毎によく動くので、よれたり乾燥しやすいという特徴があります。
なるべく薄付けしやすいリキッドタイプやクリームタイプを使ったほうが上手くいきます。

リキッドとパウダーを併用しても良いでしょう。

上級者の中には、色味の付いたコンシーラーを敢えて選ばず、普通のオークル系のコンシーラーだけ持っていて、あとは自分のリップやチーク、アイシャドーなどとコンシーラーを混ぜて、色を調整して使っている強者も!

こうすればどんなタイプのクマができても、臨機応変に色を変えられるし、お財布にもとても優しいですね!

せっかくのコンシーラーがよれてしまった時の対処法

朝、時間をかけて一生懸命隠したクマが、時間が経つにつれてよれてしまったという経験がある方も多いでしょう。
皮膚がゴワゴワしたり、砂漠の大地を彷彿とさせる目元になってしまったら、がっかりですね。

外出先ではクレンジングをしてもう一度メイクをし直す時間なんてありません。
そこで、手軽な化粧直しの方法をご紹介しましょう。

手軽な化粧直しの手順
コットンか綿棒に乳液を沁み込ませ、ゴワゴワになってしまった目のクマ部分のファンデやコンシーラーを優しくOFFします。
ゴシゴシやってはいけませんよ、優しく拭いて余分なところだけ落とし去ります。

その後、再びコンシーラーを薄く塗ってクマを隠し、ファンデーションを塗って完成です。

更にその上からパウダー(粉白粉)を塗ると、より綺麗にカバーできます。

♔くまの種類別アイクリーム特集を見る

コンシーラーに頼らない目のクマの解消法とは?

目のクマをコンシーラーで無かったことにしてしまう方法をご紹介しましたが、やはり常日頃からクマが出来ないような生活を心掛けたり、既に出来てしまったクマを軽減する努力をすることも大切です。

この章では、コンシーラー以外の方法でクマを撃退するための情報をご紹介します。

目のクマを軽減させるマッサージをご紹介

マッサージが有効なのは、青クマと黒クマです。

青クマ

青クマは血流が停滞しているので、それを改善するマッサージをすると大分変わります。

おすすめはホットタオルを使ったホットマッサージ。

  1. 目の上にホットタオルを乗せ、2~3分そのままにしてじんわりと肌を温めて血流を良くします。
  2. その後クマの部分にアイクリームを乗せて、内側から外側に向かって指の腹で優しくマッサージします。
  3. 最後にこめかみの辺りをクルクルとマッサージするのも効果的です。

この動きをゆっくり優しく、何度も繰り返しましょう。
やり過ぎると摩擦が起こって茶クマになるので、注意しましょう。

くまの種類別アイクリームランキング!茶クマも黒クマも…改善法総まとめ

2018.09.15

黒クマ

黒クマ対策は、表情筋を鍛えるマッサージが有効です。

目の周りには、目を開けたり閉じたりする時に活躍する眼輪筋という筋肉があり、これを鍛えることで黒クマは軽減していきます。

マッサージの方法としては、少し強めにゆっくりまばたきをすることを繰り返したり、眼球をぐるぐると大袈裟に動かしたり、ウィンクを何度も繰り返すなど、隙間時間に簡単に行うことができます。

眼輪筋を動かすのは青クマにも有効ですので、毎日意識して行いましょう。

目の下のたるみにおすすめの人気美顔器ランキング【最強】BEST10

2018.09.24

目のクマ対策にこんなグッズがあった!

疲れ目で悩む現代人のために、様々な目の周辺グッズが誕生していることをご存知でしょうか。

定番のアイクリームやホットアイマスクをはじめ、あずきの天然蒸気でクマをほぐす温熱マスクや、遠赤外線が発生するクマ用シート、更には家庭用の目もと専用エステマシーン、美顔器も登場しています。

なかなか改善しないしつこいクマ対策に、利用してみる価値ありです!

食生活も見直そう!目のクマに良い栄養とは?

外側からの働きかけばかりでなく、身体の内側からも目のクマ対策をしてみませんか?
それぞれのクマのタイプに合った栄養を摂って、徐々にクマを改善していきましょう。

青クマ

青クマは血流停滞が原因ですから、血流を促進する栄養素が含まれる食材を摂るのがお勧めです。

血を増やしてくれる鉄分を多く含むレバーやほうれん草、血液をサラサラにする玉ねぎ、血管内のコレステロールを減らしてくれるモロヘイヤ、そして身体を温める効果があるシヨウガや唐辛子などがお勧めです。

茶クマ

茶クマは色素沈着ですから、美白効果のあるビタミンCを積極的に摂りましょう。

また、紫外線の刺激を軽減する作用のあるセラミドを多く含む豆類、こんにゃく、牛乳なども良いでしょう。
抗酸化作用の高いリコピンを含むトマトやすいかも適しています。

黒クマ

黒クマにお勧めなのはたるみ対策となる栄養素なので、肌のコラーゲン合成を助けるビタミンCや、アミノ酸を作るのに必要な鉄分を多めに摂取します。

緑黄色野菜や、コラーゲンそのものを多く含む手羽先、牛すじ、鳥皮などを食べて、プルンプルンな肌を取り戻しましょう。

まとめ

いかがでしたか。
ひとえに「クマ」といっても様々な種類があり、原因も対処法もそれぞれに違うということがお分かりいただけたと思います。

また、お助けアイテムであるコンシーラーも、ただ塗るだけではいつまでも不自然肌しか作れないということもご紹介しました。

周囲の人に元気エネルギーを分け与える輝く目元を手に入れるべく、コンシーラーの力を借りて上手に目のクマをコントロールしていきましょう。

くまの種類別アイクリームランキング!茶クマも黒クマも…改善法総まとめ

2018.09.15

目の下のクマの種類別解消法を知ろう!青クマ、茶クマ、黒クマ、赤クマ…

2019.01.17