女性の抜け毛予防におすすめの市販&通販シャンプー9選※口コミで大人気!

女性の抜け毛予防におすすめの市販&通販シャンプー9選

「シャンプーをしていたら、抜け毛がたくさん出てビックリ・・・」という経験はありませんか?
排水口に溜まった抜け毛の多さを見て「こんなに抜けて大丈夫?」と不安になりますよね。

抜け毛の悩みは男性だけのものではありません。女性にも多いのです。

女性の抜け毛の原因には、どのようなものがあるのでしょうか?
それに対して、どういった対策をする必要があるのでしょうか?

そこで今回は、「女性の抜け毛の原因」「抜け毛悩みに効果的なシャンプーの選び方」などを紹介します。

口コミでも人気の女性用スカルプシャンプー9選」もピックアップしましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

抜け毛予防におすすめのシャンプーを見てみる

あなたは大丈夫?正常な抜け毛と良くない抜け毛の見分け方

ひとことで「抜け毛」といっても、自然に起こる「正常な抜け毛」と、頭皮トラブルによって起こる「良くない抜け毛」があります。
その見分け方を解説しましょう。

シャンプー時の抜け毛 何本までがボーダーライン?

髪は、毎日、何もしなくても自然と抜け落ちるものです。
日常生活において、特にシャンプー時に抜けやすいのですが、それはどのくらいの量がボーダーライン(正常)なのでしょうか?

ある程度成長した(2~6年)髪の毛が、新しい髪の毛と交代するために抜け落ちることを自然脱毛といいます。

健康な大人なら、1日の自然脱毛の量は50本~100本(季節、個人によって差はあります)。
そのうちの大半の抜け毛(30~60本程度)が、シャンプーによるものです。

そのため、シャンプーをしていると抜け毛が多いなと感じるかもしれませんが、それほど心配しなくても大丈夫です。

ただし、シャンプーをしたときに、いつも100本以上抜けてしまうという場合は、脱毛症の可能性があります。
育毛剤を使うだけでなく、 専門医に診てもらうことをおすすめします。

正常な抜け毛と良くない抜け毛の違いとは?

正常かどうかの抜け毛のボーダーラインは、本数だけでなくその「特徴」にも関係してきます。
実は抜け毛には、寿命をまっとうした「正常な抜け毛」と、成長しきれずに抜けてしまった「正常でない抜け毛」があるのです。

正常な抜け毛を見分けるポイントは4つあります。

  • 毛根が白い
  • 毛根がふくらんでいる
  • 髪が他の髪と同じ太さ
  • 毛先側の端っこが尖っていない

この条件に当てはまるなら、それは「正しい抜け毛」です。

「太くしてしっかりした髪」が抜けるのは、自然脱毛なので正常です。

逆に、まだ成長しかけでヒョロヒョロとしているのに抜けてしまった毛が、良くない抜け毛なのです。また、毛根の色が白くない場合は成長過程にあった髪で、寿命を迎えるより先に髪が抜けている証拠になります。

さらに、正常な抜け毛はハサミでカットした形跡がありますが、髪先が尖っているということは、かなり若い段階で抜けてしまったことが分かります。

自分で正常な抜け毛かどうかチェックするときは、シャンプー後に30本程度、抜け毛を集めてください。
そのうち、良くない毛が5~6本まで混ざっているうちは、まだ正常です。

10本以上、良くない毛が混ざっていた場合は、薄毛が始まっているサインといえるでしょう。

抜け毛予防におすすめのシャンプーを見てみる

女性の抜け毛の原因はどんなもの?

女性の抜け毛の原因は、大きく2つに分けられます。

  1. 頭皮環境の悪化
  2. 女性ホルモンバランスの崩れ

これらについて簡単に解説していきましょう。

頭皮環境の悪化

頭皮環境が悪化するのには、おもに5つの要因が考えられます。

間違ったシャンプー選びや洗髪法

合わないシャンプーは、抜け毛の原因になります。
シャンプーに配合される成分が合わないと、頭皮環境に悪影響を与えるのです。

この場合、抜け毛だけでなく、かゆみや炎症などのトラブルにも。
抜け毛を予防するには、自分の頭皮に合ったシャンプー選びがキモになるというわけですね。

ストレス

抜け毛が増える要因にはストレスもあります。

これは、脳がストレスを感じると交感神経が緊張して血管が収縮し、頭皮の血行不良が起こるというメカニズムから。
結果的に、頭皮に栄養が運ばれなくなり、髪が成長する前に抜けてしまうのです。

睡眠や運動も有効ですが、軽く頭皮マッサージするのも「リラックス」と「血行促進」の2つの効果が同時に得られるのでおすすめです、

偏った食事

過度なダイエットや偏食によって、髪に必要な栄養素まで不足すると、抜け毛の原因になります。
健やかな髪にはタンパク質、亜鉛、ビタミンなどが必要です。
できれば、サプリメントではなく食事からとりたいですね。

睡眠不足

睡眠不足になると、ストレスやホルモンバランスが乱れやすくなり、抜け毛の原因になります。
できるだけ規則正しい生活で、しっかり睡眠時間を確保しましょう。

運動不足

運動不足になると頭皮の血行不良になるので、抜け毛の原因にもなります。
ウォーキングなどの運動で筋肉を動かし、血行をアップさせましょう。
軽い運動は、ストレス解消にもなりますよ。

女性ホルモンバランスの崩れ

女性は30代半ばを過ぎると、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が減少し、抜け毛や薄毛の悩みが増えてきます。

顔のしわやたるみなど、いわゆるエイジングサインは、髪にもあるのです。
髪の老化には、肌と同じ様に女性ホルモンの分泌量が影響しています。

また、それ以前の年齢でも産後は抜け毛が目立ちます。
これは、女性ホルモンが一時的に減少するためで、約半数の経産婦が経験するそうです。

抜け毛予防におすすめのシャンプーを見てみる

抜け毛の悩みに効果的なシャンプーの選び方

抜け毛悩みに効果的なシャンプー選びには、いくつかコツがあります。
ここでは大まかに4つのポイントを解説します。

アミノ酸系シャンプー

これ以上、抜け毛を増やしたくないなら、シャンプーは「頭皮に優しい」ものが基本。
シャンプーの洗浄成分には、「界面活性剤」という成分が使われています。

その中でも、いちばん頭髪に優しいとされているのが「アミノ酸系界面活性剤」で、これが配合されたシャンプーを「アミノ酸系シャンプー」といいます。

アミノ酸系の洗浄成分は、頭皮の脂や水分を奪いすぎず、乾燥を防いで潤いをキープするので、抜け毛対策用のシャンプーには「アミノ酸系シャンプー」が多い傾向にあります。

シャンプーボトルにある成分表に「ラウロイル~」や「アシルグルタミン酸~」といった記載があったら、アミノ酸系シャンプーに当てはまります。
ただ、アミノ酸シャンプーも種類があるので、自分に合ったものを見つけましょう。

育毛成分が配合されている

抜け毛対策には、新しい毛を育てる、今ある毛を丈夫にするという意味でも、育毛成分は有効です。
育毛シャンプーには「センブリエキス」や「キャピキシル」といった育毛成分が配合されています。

一般的なダメージケア用のシャンプーには含まれていないので、育毛成分が配合されているか、ボトルの成分表をチェックしてください。

育毛成分の一例
・センブリエキス
⇒血流を良くし、髪に栄養を届けやすくする。頭皮の肌荒れ防止効果も。

・オタネニンジン根エキス
⇒ジンセノサイドという女性ホルモンに似た作用をする成分を含み、高い育毛効果がある。

・オウゴンエキス
⇒DHTという抜け毛の原因になるホルモンの働きを抑え抜け毛を減らす。

・キャピキシル
⇒画期的な育毛成分としても大注目。従来の育毛成分に比べ3倍の効果が実証された。

育毛シャンプーについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓↓

保湿力の高いシャンプーを選ぶ

頭皮の状態を改善するには「保湿」も大切。
セラミドや天然成分のような保湿成分を配合したシャンプーを選びましょう。

顔の肌の乾燥は、肌荒れやニキビなどトラブルの原因になりますが、頭皮の乾燥もトラブルにのもと。
頭皮の脂を奪いすぎない「アミノ酸系シャンプー」+「保湿成分」の相乗効果で頭皮のうるおいがキープされます。

シャンプーの保湿成分
セラミド・ヒアルロン酸・グリセリンなど
また、「~エキス」と表記されているものの大半は保湿成分です。

石油系界面活性剤を避ける

シャンプーには、洗浄成分として「界面活性剤」が配合されています。
界面活性剤には、大きく分けて「天然界面活性剤」と「合成界面活性剤」の2種類があります。

合成界面活性剤は、さらに「石けん系」「脂肪酸エステル系」「アミノ酸系」「高級アルコール系」「石油系」の5つに分けられます。

天然界面活性剤には大豆や卵黄などに含まれる「レシチン」やヘチマに含まれる「サポニン」が使われています。

天然界面活性剤のメリットとして、刺激が少なく肌に優しいのですが、反面、洗浄成分がやや劣るというデメリットがあります。

一方、合成界面活性剤は洗浄力が比較的強く、脂性でもスッキリとした洗い上がりになりますが、敏感肌の人は荒れやすいので注意が必要です。

ただ、大半のシャンプーには合成界面活性剤が使われており、完全に避けるのは難しいかもしれません。

合成界面活性剤が使われていても、他の成分で刺激を抑えているケースもあり、「低刺激」とうたってあるものはこれにあたります。

頭皮の状態が悪いときは、「ラウリル硫酸Na」を配合した石油系合成界面活性剤は刺激が強すぎるので、避けるようにしてください。

口コミでも人気!抜け毛予防におすすめのスカルプシャンプー9選

シャンプー選びのコツはわかりましたが、具体的にはどの商品がよいのでしょうか?
そこで、女性の抜け毛対策におすすめしたい、ウーマンズマップ厳選のスカルプシャンプーを紹介します。

チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプー
商品名 チャップアップシャンプー
通常価格 4,180円(税込)
定期購入価格 3,280円(税込)
内容量 300ml
主な成分 5種のアミノ酸系洗浄剤・10種のオーガニックエキス
機能 最上級の濃密オーガニック・ノンシリコン・スカルプシャンプー
無添加成分 サルフェート・シリコーン・パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤・合成着色料

数々のランキングで1位を獲得しているスカルプケアシャンプーです。

育毛剤として圧倒的な支持を誇る「チャップアップ」から発売されており、その知名度と信頼性は抜群!10種のオーガニックエキスと22種の厳選した植物成分配合で、抜け毛の軽減や髪のボリュームアップを実感するユーザーが続出しています!

CA101(シーエーイチマルイチ)薬用ブラックシャンプー

CA101
商品名 CA101(シーエーイチマルイチ)薬用ブラックシャンプー
通常価格 2,800円
定期購入価格 2,380円
内容量 260ml
主な成分 グリチルリチン酸2k・薬用炭・海泥・酵素・38種類の天然植物エキスなど
機能 薬用炭や海泥・酵素で頭皮の汚れや古い角質をケア
無添加成分 シリコーン・パラベン

有効成分グリチルリチン酸2K配合の薬用シャンプーです。
アミノ酸系洗浄成分に加え、薬用炭や海泥といった天然の洗浄剤が優しく頭皮を洗い上げます。

また、酵素(プロテアーゼ-1)が古い角質を落とし、清潔な頭皮環境に整えます。
さらに38種類の植物エキスと天然オイル配合でノンシリコンなのに仕上がりなめらか。
加齢で乱れた頭皮のターンオーバーを整え、ハリ・コシのある美しい髪を育んでくれます。

マイナチュレスカルプシャンプー

マイナチュレスカルプシャンプー
商品名 マイナチュレスカルプシャンプー
通常価格 3,360円
定期購入価格 2,884円
内容量 200ml
主な成分 γ-ドコサラクトン・加水分解ケラチン・アラントイン・グリチルリチン酸2Kなど
機能 無添加に徹底してこだわった大人の女性のためのシャンプー
無添加成分 シリコン・着色料・パラベン・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・タール系色素・合成ポリマー・合成香料・サルフェート

絶大な人気を誇る女性用育毛剤「マイナチュレ」から発売されたスカルプシャンプーです。

無添加にこだわった大変マイルドな成分のみで構成されていて、女性の敏感な頭皮も優しく洗い上げます。空気に触れにくい密閉生ボトル採用で、酸化を防ぐという徹底ぶり。清潔で健やかな頭皮環境に整えてくれるので、育毛剤の浸透も良くなりますよ。

P.G.C.D.サボンモーヴ

P.G.C.D.サボンモーヴ
商品名 P.G.C.D.サボンモーヴ
通常価格 (45g)2,450円・(145g)6,600円
定期購入価格 (145gのみ)5,940円
主な成分 アルガンオイル・パンテノール・ブドウ種子油・ヒバマタエキスなど
機能 リンス・コンディショナー不要のスカルプケアソープ
無添加成分 シリコーン・防腐剤

固形石鹸タイプのシャンプーですが、メインはアミノ酸系の洗浄剤なので頭皮に優しく低刺激な洗い心地。

しかもリンス・コンディショナー不要で、コレひとつでサラサラの仕上がりになります。
頭皮はスッキリ洗い上げるのに髪はなめらかという抜群の仕上がりで、一度使うと手放せなくなるスカルプケアソープです!

haru 黒髪スカルプ・プロ

haru黒髪スカルプシャンプー
商品名 haru 黒髪スカルプ・プロ
通常価格 3,600円
内容量 400ml
主な成分 キャピキシル・コラーゲン、ヒアルロン酸など22種類のエイジングケア成分・天然製油
機能 コンディショナー、リンス不要のノンシリコン&アミノ酸系シャンプー
無添加成分 シリコン・着色料・香料・鉱物油・アルコール・パラベン・旧指定成分

100%天然由来のノンシリコンシャンプーです。
リンス・コンディショナーの不要なオールインワンタイプで、シャンプー1本で頭皮ケア、抜け毛ケア、黒髪ケアができます。

アンファー スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム

アンファー スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム
商品名 アンファー スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム
通常価格 3,612円
内容量 440ml
主な成分 トリプルイソフラボン・コラーゲン・ヒアルロン酸
機能 ホルモンバランスと頭皮環境に着目したシャンプー
無添加成分 鉱物油・パラベン

育毛剤にも配合されている“トリプルイソフラボン”配合で、ホルモンバランスが崩れることによっておこる、抜け毛・ボリュームダウン・べたつきなどのトラブルに、集中的にアプローチします。
弾力のある濃厚クリーム泡で洗い上げ、まるで頭皮をデトックスしたような仕上がりになります。

スカルプDボーテ 薬用シャンプーを見る

アミノレスキュー シャンプー

アミノレスキュー シャンプー
商品名 アミノレスキュー シャンプー
通常価格 1,450円
内容量 400ml
主な成分 ヒアルロン酸・6種の天然オイル・8種類のアミノ酸
機能 敏感肌の方にも安心のアミノ酸系シャンプー
無添加成分 鉱物油・旧指定成分

アミノ酸系の洗浄成分が毛穴の余分な皮脂や汚れを優しく洗い、6種の天然オイルが傷んだ毛先を補修。
8種のアミノ酸が毛髪を守り、健康的な地肌の土台作りをするシャンプーです。

アミノレスキューシャンプーを見る

Amatora(アマトラ) クゥオ ヘアバスes

Amatora(アマトラ) クゥオ ヘアバスes
商品名 Amatora(アマトラ) クゥオ ヘアバスes
通常価格 4,200円
内容量 400ml
主な成分 ヘマチン・フルボ酸・ケラチン・リンゴアミノ酸
機能 エイジングケアに着目したコンディショナー不要のアミノ酸系シャンプー
無添加成分 着色料・パラベン

エイジングケアに着目したオールインワンタイプのシャンプーです。
100%液晶構造の高い浸透性により成分を髪の奥まで届け、シャンプーだけでも高いトリートメント効果を発揮します。

Amatora(アマトラ) クゥオ ヘアバスを見る

モイスト・ダイアン ダイアン ボヌール モイストリラックスシャンプー

モイスト・ダイアン ダイアン ボヌール モイストリラックスシャンプー
商品名 モイスト・ダイアン ダイアン ボヌール モイストリラックスシャンプー
通常価格 1,400円
内容量 500ml
主な成分 オーガニック認証を受けた3つの植物系洗浄成分・フェアトレードオイル
機能 オーガニック成分を含め98%以上(水を含む)天然由来成分のクラフトシャンプー
無添加成分 石油系界面活性剤・鉱物油・パラベン・合成着色料・動物性原料

オーガニック成分を含め98%以上の天然由来成分のシャンプー。
オーガニック認証を受けた3つの植物系洗浄成分が、やさしく洗い上げます。
香水の本場フランスのトップクラスの調香師の手によって調合された香りです。

モイストリラックス シャンプーを見る

正しいシャンプー法で抜け毛を予防&改善!

毎日しているシャンプーですが、ルーティンのようになっていませんか?
実は、ちょっとしたシャンプーのコツで、抜け毛の予防ができるのです。
今夜からでも、実践しましょう。

予洗いをする

まずはシャンプー剤をつけるより先に、ぬるま湯で髪と頭皮全体をしっかりと濡らします。
水分が少ない状態で、シャンプー剤を直接つけるのはNG。

シャンプーをする前に、軽く頭皮をマッサージすることで血流もアップし、頭皮の汚れも浮き上がって、余計な皮脂も取れやすくなります。

シャンプーは泡立ててから髪につける

シャンプー剤は、そのまま頭髪につけるのではなく、手に取ってから十分泡立てること。
面倒な場合は、泡立てネットなどで泡立てると簡単です。
泡は髪につけるというより、頭皮にのせていく感じで頭全体に行き渡らせていきます。

頭皮全体をマッサージするように洗う

指先ではなく腹部分を使い、両手で大きく円を描くようにマッサージします。
洗い忘れしやすいえり足や耳の周りも、しっかりマッサージを。

髪の生え際から頭頂部に向かって、やさしく持ち上げるようにマッサージするのも効果的です。
そのときも、指先を使わず、ていねいに、心地良いと感じる程度の力で十分です。

シャンプー成分が残らないよう丁寧にすすぐ

仕上げにシャンプー剤が頭皮に残らないよう、しっかりと丁寧にシャワーで流しましょう。
すすぎ終わったら、清潔なタオルでやさしく頭に押し当てながら水分を吸い取り、ドライヤーで根元から乾かしてください。

日常生活でできる抜け毛予防&改善法

抜け毛の原因は、合わないシャンプーやストレス、ホルモンバランスの変化などがあり、それぞれケアが必要ですが、ほかにしておくべき対策があります。

髪に良い食べ物をとる

過度なダイエットや偏食によって、髪に必要な栄養が十分にとれていない女性は少なくありません。
髪は、生命に直接かかわるものではないので、真っ先に栄養がストップされます。
そのため、健康的な髪が作られなくなって、もろく抜けやすい髪になってしまうのです。

健やかな髪のために、必要な栄養素
  • たんぱく質:納豆、味噌、牛・豚・鶏肉、卵、魚
  • ボロン:キャベツ、アーモンド
  • 亜鉛:牡蠣、豚レバー、牛肉、卵、しいたけ
  • 鉄分:豚・牛レバー、赤身肉、赤身魚、あさり、ひじき
  • ビタミンB群:豚肉、豚・牛レバー、卵、大豆類、昆布、のり
  • ビオチン:豚・牛レバー、あさり、たらこ、ししゃも、卵

髪をつくるのに必要な栄養素は、ビタミンB群、亜鉛、鉄、たんぱく質、ビオチンです。
とくにビオチンといわれるビタミンB7は、髪の寿命をのばしたり、毛細血管を広げて頭皮の血行を良くするので、抜け毛対策には最も重要な栄養素といえますね。

ヘアスタイルを変えてみる

いつも同じ場所でヘアゴムを結んでいたり、分け目も同じという人は、ときどきはヘアスタイル変えてみましょう。
常にゴムで引っ張られた髪は、そのダメージで抜けやすくなってしまいます。

また分け目が同じという場合も同様に、引っ張る力に負けてしまいます。
分け目を変え、髪を留める位置を変えたりして、ダメージを分散させてあげましょう。

パーマ・カラーはストップ!

パーマやカラーの薬液は、地肌にとても刺激になります。
そのうえ、シャンプーで落とした後も、何日も毛穴の中に薬液が残ってしまうので、髪と頭皮には良いといえません。

パーマやカラーは、一時的でもストップしましょう。
頭皮が休まるので、抜け毛の予防になります。

まとめ

日常生活に特に問題がない場合、シャンプーを変えるだけで抜け毛が減ることがあります。
ぜひ、正しいシャンプー選びを身につけ、自分にピッタリのシャンプーと出会ってください。