【女性の頭皮の臭い対策】あなたの臭いにはズバリこのシャンプー!タイプ別一覧

もしかしてわたしの頭、臭い!?

枕に顔を埋めた瞬間に、あるいはドライヤーで髪を乾かしているときに、気になる臭いを感じたことがあるあなた!

それ、頭皮臭なのでは?

男性特有と思われがちな頭皮の臭いですが、女性だって油断はできません。
女性の頭皮の臭いの種類、それを解消するシャンプーや生活習慣について紹介します。

頭皮の臭いをセルフチェックする3つの方法

「自分の体臭はわかりにくい」とよく言われますよね。

普段でも「ちょっと汗臭いかな」と自分で気づいた時には、まわりの人にはとっくに気が付かれているかも!とヒヤっとすること、あると思います。

まして頭皮や髪は顔に近いだけに、鼻が臭いに慣れてしまって自分では気が付きにくいものです。
まずは簡単な頭皮臭チェックをしてみましょう。

頭皮臭チェック方法1:指や布でこすってみる

チェックの前に、手を良く洗ってください。
その状態で一度指を嗅いでみましょう。
特に何も匂わない?ハンドソープの香りがしますか?

それでは、頭皮を軽くこすってみてください。
指の匂いを嗅いでみて、さっきとは違うにおいがしませんか?
それがあなたの頭皮の臭いです。

もっとわかりやすいのは、ガーゼやコットンの布を使う方法です。同じように軽く頭皮をこすってから臭いをチェックしてみましょう。
布は臭いを吸着しやすいので、指よりもはっきりと臭いの傾向がわかる場合があります。

頭皮臭チェック方法2:枕の匂いを嗅いでみる

朝起きたらまず最初にできるチェック方法です。
体を起こして深呼吸をしてから、枕に鼻を埋めるように匂いを嗅いでみてください。

眠っている間、人の皮脂の分泌は盛んになります。
皮脂の分泌量が多い人だと、枕の臭いではっきりと頭皮臭を感じるはずです。

夜シャンプーをしたばかりなのに、一晩でツンとする臭いや脂っぽい臭いが出ているようなら、あなたの頭の臭いはかなり強くなっているかも?
臭いの種類を確かめて、すぐにケアに取り掛かりましょう。

頭皮臭チェック方法3:ドライヤーの風で臭いをかぎ分ける

シャンプーの方法が間違っている人や、加齢臭が出始めている人に有効な方法が、ドライヤーを使った臭いチェックです。
温まることで色々な臭いがくっきりするので、臭いの種類を嗅ぎ分けるのにも役立ちます。

シャンプーのあと、髪を乾かすときに注意して匂いを嗅いでみましょう。
後ろから風を当てるようにすると、頭のいろいろな臭いを感じることができます。

スパイスのような刺激臭、生臭い臭いなどがあれば要注意!

洗ったばかりなのに脂っぽい臭いなら、シャンプーの見直しが必要かもしれません。
せっかく香りのよいシャンプーやコンディショナーを使っていても、臭いが混ざって悪臭になってしまっていては大変ですよね。

頭皮が臭い!その原因とは?臭いタイプ別に解析

自分の頭の臭いに気づけたなら、次はその臭いの原因について知るためのステップに進みましょう。
女性の頭皮臭の原因と、そこからどんな臭いが発生しやすいのかをわかりやすく説明します。

生活習慣や間違ったケアで起こる頭皮臭

臭いの中で一番多く、また一番解決しやすいのが間違ったケアで出てくる頭皮臭です。
あなたはこんな臭い、させていませんか?

頭皮が汚れている

臭いの種類:生臭い・脂っぽい

女性でも毎日洗髪をしないという人が増えていることが話題になっています。
デスクワークで汗をかかない、寒い時期はシャワーが億劫、疲れたからお風呂は明日にしよう・・・など、色々な理由はあるでしょう。
でも、頭皮はあなたが思っている以上に汚れています。

肌を守るために分泌される「皮表脂質(皮脂)」を出す皮脂腺は、そのほとんどが毛穴の内部に存在しています。
毛穴は手のひらや足の裏以外の全身にありますが、中でも頭は特に多くの毛根が集まっていますよね。

当然そこから出てくる皮脂も、身体の他の部分と比べるとトップクラスの量です。
髪の毛に隠れていて気付きにくいですが、その根元は常に脂でウルウルな状態なのです。

一旦空気に触れた脂は、徐々に酸化していきます。
しばらく放置したサラダオイルが、ふと気づくと油臭くなっていることがありますよね。

あれが、酸化臭のわかりやすい例です。
皮脂も最初ほぼ無臭ですが、酸化によって強い脂くささに変化してしまうのです。

シャンプーの方法が間違っている

臭いの種類:生臭い・脂っぽい

たとえ毎日シャンプーをしていても、その方法が間違っていたらやはり頭皮臭の原因になります。
最も多いのが、シャンプーやコンディショナー・リンスのすすぎが不十分なケースです。

髪の毛が密集している頭は、シャワーでサッと流したくらいでは根元まできれいにすすぐことができません。

残った洗浄剤成分は肌のコンディションを崩し、フケやかさつきの原因になります。
そしてフケは雑菌によって分解されて強い匂いの元となり、頭全体が臭くなってしまうのです。

シャンプー自体がしっかりできていない場合も、臭いの元になります。
特に髪が長い人に多いのが、毛根の皮脂がしっかりと洗い落とせていないケース。

髪が絡まって摩擦で傷むのがいやなのはわかりますが、シャンプーで落とさなければならないのは髪の毛の汚れではなく、毛根に詰まった皮脂です。

毎晩シャンプーしても皮脂がきちんと取れていなければ、臭いはどんどん蓄積していってしまいます。

最後に、洗髪後のケアで匂いが出やすいのが髪を乾かさずに放置してしまった場合です。
いわゆる「生乾き」の状態で放っておくと、細菌が増えて皮脂の分解が進み、より強い匂いの原因になります。

ドライヤーが髪を傷める、自然乾燥が一番いいと思い込んでいる女性も見かけますが、最近では髪はぬらしたらすぐに乾かすのが常識。

皮膚の清潔を保つために、シャンプー後はできるだけ時間を置かずに、根元までしっかりと乾かすように心がけましょう。

頭皮や髪が乾燥しすぎている

臭いの種類:脂っぽい・ホコリっぽい・食べ物やたばこの臭い

たった今「洗髪後はすぐに乾かして」といったばかりなのに、今度は乾燥がダメってどういうこと?と思われるかもしれませんが、ここで言う「乾燥」は水分が少ない乾いた状態のことではなくて、ズバリ頭皮が乾燥肌になっている、という意味です。

皮脂は皮膚を保護する大事な役割を持っているため、乾燥を感じると自動的にその分泌量が増える傾向があります。
顔の保湿に気を配るのと同じで、頭皮の保湿もしっかりと考えてケアする必要があるんです。

頭皮が乾燥しすぎてしまう原因の第一位は、洗浄力の強すぎるシャンプーです。
本来落とす必要のない皮脂までごっそり取り去ってしまうことによって皮脂の分泌バランスが崩れ、いわゆる「インナードライ肌」になってしまうのです。

顔を洗うたびににパリパリと突っ張るような洗顔料を使う人はいませんよね?頭皮も同じこと。シャンプーの成分はそれほど大事、ということです。

もう一つ気を付けたいのが、髪の毛の乾燥です。
空気の乾燥によって髪の毛がバリバリになってしまうのは、キューティクルが剥がれ落ちてしまうから。

キューティクルが剥がれた髪の毛は周囲の臭いを吸着しやすくなって、ホコリやたばこなど嫌なにおいをため込みます。

もちろん頭皮の臭いも吸着・拡散してしまうので、乾燥して臭いが伝わりやすい環境下で頭皮臭をまき散らしてしまうことも。

髪の毛の乾燥だけなら、アウトバストリートメントやヘアクリームでケアをすれば大丈夫ですが、頭皮の乾燥とセットになっている場合はシャンプーから見直してみる必要があるかもしれません。

外部からの刺激や加齢によっておこる頭皮臭

毎日の生活習慣でひどくなったり軽くなったりするのが、活性酸素による頭皮臭です。
活性酸素が発生する2大要因、紫外線と加齢が原因の頭皮臭はこんなものです。

紫外線によるダメージ

臭いの種類:脂っぽい・酸っぱい・生臭い

紫外線が肌に悪影響を与えることは、もはや常識ですよね。
実は、頭は顔の2倍の紫外線を浴びていると言われています。

日焼け止めなどのUV対策も充分に取りにくいため、乾燥と日焼けのWパンチを受けやすい状態です。

紫外線の一部は肌の深部、真皮層とよばれる土台部分まで到達し、コラーゲンやヒアルロン酸・エラスチンなどの保湿成分を生成する機能を傷つけてしまいます。
それでなくても乾燥しやすいのに、保湿力まで下がってしまっては大変ですね。

紫外線のもう一つの悪影響が、活性酸素の発生です。
紫外線によって皮膚の表面で活性酸素が増えると、皮脂を酸化させて過酸化脂質に変えてしまいます。

過酸化脂質は、肌の防御機能を落として新陳代謝も妨げる大敵です。頭皮の臭いが気になりだしたら、日ごろのUVケアも見直してみましょう。帽子や日傘で紫外線から頭皮を守るのは、頭の臭いを防ぐためにも有効なのです。

加齢臭

臭いの種類:脂っぽい・青臭い・生臭い

男性特有と思われがちな頭皮の加齢臭。実は女性にもしっかりあります。
原因は、40代ごろから分泌量が増える脂肪酸が皮脂の一部を酸化させることによって作られる、「ノネナール」という物質です。

男性に多いと言われるのは単に男性の方が脂肪酸の分泌が多いからであって、女性でも40代以降はノネナールが増えることに変わりはありません。

単なる脂っこい匂いとは違い、キュウリのような鼻につく青臭い匂いが特徴です。
衣服につくと落ちにくいので、気付かないうちに加齢臭を振りまいていた、なんてことも起こりがち。

電車の中で中年男性から漂うあの匂い、あなたは発してはいないでしょうか?

加齢臭は複数の原因が絡み合って発生しますが、予防するにはまず頭皮を健康な状態にするのが第一のステップです。

皮脂の過剰分泌を防ぎ、活性酸素の原因となる紫外線や乾燥によるダメージを極力抑える必要があります。

臭うからと言って、スプレーやアロマオイルをつけるのは絶対にNG。
異なる匂いが混ざり合うことで、さらに癖の強い悪臭になってしまう可能性があります。
加齢臭に関してだけは、体の内外からのケアが欠かせないことを理解しましょう。

病気が原因によっておこる頭皮臭

ある時から急に脂っぽい頭皮臭が強くなったと感じるなら、、病気を疑う必要があるかもしれません。
自分では気づきにくい頭皮の病気、脂漏性皮膚炎はこんな症状が特徴です。

脂漏性皮膚炎

臭いの種類:脂っぽい強い匂い

皮膚炎による頭皮臭の代表的なものが、脂漏性皮膚炎です。
30代以降になってから突然フケが増えた、大きなかさぶたのようなフケができるなどの症状が代表例で、頭皮の常在菌であるマラセチアの増殖が原因の1つといわれています。

マラセチア菌は皮脂を食べて増えるため、皮脂の分泌が多いほど活発になります。
慢性化しやすく、一度症状が現れてしまったら皮膚科でしっかりと治療する必要があります。

かゆみなどの目立つ症状がなく、単なる乾燥との見分けが難しいのが困りものです。
顔にも同じように表れることが多いので、皮脂の分泌量が多い小鼻や眉毛のあたりに脂っぽい皮膚片が付着するようになったら、要注意。

シャンプーを変えても改善されなければ、早めに専門医に見てもらいましょう。

【頭皮の臭い対策】そのシャンプーで本当に合ってる?シャンプーの種類4つの違い

頭皮の臭いにもいろいろな原因があることはわかっていただけたでしょうか?自分の匂いの種類が何なのかを特定するのは簡単ではありませんが、実は改善方法はそれほど複雑ではありません。

そのほとんどは、毎日使うシャンプーを変えるだけでも解決できるからです。

シャンプーは、頭の臭いを改善するためにまず最初に見直すべき大切なポイントです。

でもいったいどのシャンプーを使うのが正解なの?
まずはたくさんの中からオンリーワンを見つけるために、シャンプーの種類と特徴を見てみましょう。

シャンプーの種類を分けるのは、メインとなっている洗浄成分、界面活性剤の違いです。
代表的な4種を、見比べてみましょう。

硫酸系/高級アルコール系:洗浄力が高いが刺激も強い

一番たくさん売られている、テレビでもおなじみのシャンプーです。

成分表示

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸TEA
  • オレフィン(C14-C16)スルホン酸Na  など

硫酸系シャンプーの特徴と欠点

ドラッグストアなどで最も多く売られているのが、硫酸系、または高級アルコール系と呼ばれる界面活性剤を使ったシャンプーです。

特徴はなんといっても泡立ちの良さと強力な洗浄力で、髪の毛の汚れはもちろん、頭皮に付着した頑固な汚れや毛穴にたまった皮脂まで、しっかりと洗浄することができます。

製造コストが安く大量生産できるため、実はテレビCMをしているような市販のシャンプーのほとんどは、この硫酸系・高級アルコール系で占められています。

欠点は、ズバリ、洗浄力が強すぎることです。

たんぱく質や脂質を分解する性質があり、当然刺激も強いので、敏感肌や乾燥肌の人が使うとかゆみやフケが出やすくなってしまう、という欠点につながります。

シャンプーの成分表で先頭近くにこれらの成分が書かれている場合は、洗浄力が高いが刺激も強い、と覚えておきましょう。

シャンプーの成分で悪いものの代表のように言われることの多い「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na 」ですが、現在発がん性に関しては問題がないことがわかっています。

ただし非常に刺激が強いことに変わりはなく、頭皮臭ケアのためのシャンプーとして適切かと聞かれると、疑問点が多いと言わざるを得ません。

他の成分を配合して刺激を抑えた製品もたくさん作られるようになりましたが、頭皮環境の改善に向いているか、という点から見ると、あまりおすすめできないのが現状です。

せっけん系:環境には優しいが洗浄力も刺激も強め

ナチュラルイメージが強く、根強い人気なのがせっけんシャンプーです。

成分表示

  • カリ石鹸素地
  • 純石けん
  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム など

せっけん系シャンプーの特徴と欠点

自然派のイメージで、安心安全な洗浄剤として認知されているせっけん。
シャンプーにもせっけんを主な洗浄成分とした物がたくさん売られていますね。

せっけん系シャンプーの最大の利点は、洗浄力が非常に強いということです。
特に皮脂や古い角質を分解するチカラがあるため、皮脂で毛穴が詰まって薄毛や細毛になってしまっている人などには有効と言われています。

頭皮の臭いに対する効果としても、脂っぽくてベタベタした肌の洗浄力はかなり高いと言えます。
一度でサッパリと洗い上げるので、気持ち良さの点でもトップクラスでしょう。

ただ、他の添加物を入れると効果が半減してしまうという性質があり、保湿力やサラサラ感を感じることはできません。
美髪効果よりも、あくまでも洗浄力に特化しているのが、せっけん系シャンプーの特徴です。

洗浄力が強いほかにも、せっけん系シャンプーには大きな欠点があります。
せっけんはアルカリ性。弱酸性の肌に対して、非常に刺激が強いのです。

シャンプー後一時的に頭皮がアルカリ性に傾き、自然に弱酸性に戻るまでにタイムラグが発生します。
インナードライ肌で皮脂の分泌力が落ちていると、肌が荒れてカサカサしたフケが出やすくなる場合があります。

また皮脂をねこそぎ取り去ってしまうため、一時的に皮脂の分泌量が増え、逆に脂性肌が悪化してしまう可能性も無視できません。

せっけんシャンプーで髪がきしむのは、うろこ状のキューティクルを貼り合わせている接着剤の役割をする物質を、せっけんのアルカリが溶かしてしまうからです。

この影響を少しでも防ぐために、せっけんシャンプーは必ず酸性のリンスとセットで使いましょう。

シャンプーのアルカリを酸で中和して、髪や地肌が傷むのを防ぐことができます。
またしっかりとすすぎをして、地肌や髪にせっけんカスが残らないようにするのも大切です。

アミノ酸系:刺激が少なく地肌ケアには最強だが洗浄力はやや弱め

美容院で使われている、ダメージヘアにも優しいシャンプーがアミノ酸系です。

成分表示

  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ココイルグルタミン酸K
  • ココイルアラニンNa
  • ラウロイルサルコシンNa
  • ラウロイルメチルタウリンNa など

アミノ酸系シャンプーの特徴と欠点

人間の肌や髪の毛の組成に近い陰イオンのアミノ酸系界面活性剤を洗浄剤に使用したシャンプーの総称です。

パーマやカラーの後の髪を傷めないので美容院でよく使われていることもあり、肌に優しい高級シャンプーのイメージが強いのがこのグループです。

敏感肌や乾燥肌の人にも安心で、特に頭皮の乾燥が原因で起こる臭いの改善には効果が期待できます。

弱酸性で刺激が弱く炎症を起こしにくいのが長所ですが、洗浄力は高級アルコール系やせっけん系と比べるとかなり落ちます。

皮脂や古い角質を溶かす作用はないため、使われているアミノ酸系界面活性剤の洗浄力によっては、充分に汚れが落としきれない可能性があります。

そのため多くのアミノ酸系シャンプーでは、洗浄力と肌への刺激のバランスを取るために、他の界面活性剤や保湿成分などを複数配合しています。

ひとくくりにアミノ酸系と呼んでいますが、タウリン系 ・グルタミン酸系など原料によっていくつもの種類に分かれ、洗浄力も肌への優しさもバラつきがあります。

またアミノ酸系原料が少しでも含まれればアミノ酸系シャンプーと名乗れるため、選ぶときには全成分をしっかりと確認する必要があります。
数あるシャンプーの中でも最も選ぶのが難しい、と言えるかもしれません。

洗浄力が弱いため、逆に皮脂を落としきれずに臭いが悪化してしまった、というケースも稀に見られます。アミノ酸シャンプーを使う時は、いつもよりもしっかりと時間をかけて、頭皮をマッサージするように洗いましょう。

ベタイン系:刺激が少なくしっとり感が出るが洗浄力は最弱

低刺激で保湿力もあるが、頭皮に残りやすいのがベタイン系のシャンプー。

成分表示

  • ラウラミドプロピルベタイン
  • コカミドプロピルベタイン
  • ココアンホ酢酸  など

ベタイン系シャンプーの特徴と欠点

アミノ酸系よりもさらに刺激が少なく保湿力に優れているのが、両性イオン系の界面活性剤であるベタインです。

敏感肌やベビーにも安心なシャンプーですが、洗浄力はアミノ酸系よりもさらに弱く、ベタイン系の界面活性剤だけでは汚れを充分に落としきれないのが弱点です。
ほとんどの場合、洗浄力が高いアミノ酸系の界面活性剤と合わせて使われています。

逆に保湿力を高めるために他の系統のシャンプーに少量が配合されているのもよく見かけます。ベタイン系は低刺激ですが、頭皮や髪に残りやすい特徴があるため、含まれているシャンプーを使う時には特に念入りにすすぎをする必要があります。

乾かしてもなんとなくべたつく感じがあれば、すすぎ不足を疑いましょう。

【頭皮の臭い対策】あなたの臭いにはズバリこのシャンプー!タイプ別一覧

【頭皮の臭い対策】あなたの臭いにはズバリこのシャンプー!タイプ別一覧

脂っぽい・ホコリっぽい
脂っぽい臭いでフケが出やすい
酸っぱい/生臭い臭いを止めたい

シャンプーの洗浄成分(界面活性剤)の種類をがわかっところで、いよいよ臭いの原因タイプ別におすすめのシャンプーを見ていきましょう。
できるだけ幅広い中から厳選してみました。

脂っぽい・ホコリっぽい:しっかり汚れを落とせてケア成分も充実のシャンプー

しっかり洗ったにもかかわらず乾かした直後から脂っぽい匂いが気になるなら、頭皮の汚れがしっかり落とせていない可能性があります。

今まで市販のシャンプーで改善されなかったなら、シャンプーを変えると同時に洗い方も見直しましょう。
そんなあなたにおすすめな、ある程度洗浄力があり頭皮ケアもできるのはこのシャンプーです。

◎ハーブガーデン シャンプー

商品名 ハーブガーデン 桜の森シャンプー
通常価格 4,320円
定期購入価格 2,160円(2回目以降 +送料540円)
お試し価格 2,160円
解約縛り 3回以上購入が必要
内容量 300ml(約2ヶ月分)
返金保証 初回のみ15日以内
主な成分 ラウロイルメチルアラニンNa・ココイルグルタミン酸+26種類のオーガニック成分
無添加成分 石油系界面活性剤・合成香料・防腐剤・シリコン・合成着色料

アミノ酸系の界面活性剤の中では泡立ちと洗浄力が強い、「ラウロイルメチルアラニンNa」を主洗剤として採用。

地肌の改善の効果の高い保湿成分や植物由来のオイルやエキスをぜいたくに配合して、根本から頭皮環境を考えたアミノ酸系シャンプーです。

ノンシリコンながらサラサラな洗い上がりを実現しているので、髪の傷みが気になる人にもおすすめ。
たっぷりのお湯で予洗いしてから、手のひらで充分泡立ててから使うのが、しっかり洗い上げるコツです。

◎haru kurokamiスカルプ

商品名 haru kurokamiスカルプ
通常価格 3,600円
定期購入価格 2,880円
お試し価格
解約縛り なし
内容量 400ml (約2ヶ月分)
返金保証 30日
主な成分 ココイルグルタミン酸TEA・38種類の育毛成分
無添加成分 香料・着色料・鉱物油・シリコン

数あるアミノ酸系シャンプーの中でも、特に個性的で人気の高いシャンプーがharuです。
5種類のアミノ酸系界面活性剤を使うことで洗浄力と肌への優しさを両立しています。

個性的と呼ばれる理由は、なんといっても38種類もの育毛成分を配合している点です。
地肌ケアに特化して、血流や保湿力の向上の他に、白髪をケアする成分も含まれています。

400mlの大型ボトルでコスパも良いので、じっくり頭皮ケアに取り組みたい人におすすめです。

◎ウーマシャンプープレミアム

商品名 ウーマシャンプープレミアム
通常価格 4,950円
定期購入価格 3,460円
お試し価格
解約縛り 3回以上購入が必要
内容量 300ml(約2ヶ月分)
返金保証 到着後8日以内(未開封のみ)
主な成分 オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドプロピルベタイン・馬油
無添加成分 香料・着色料・鉱物油・シリコン

男女ともに人気の高いスカルプケア系のシャンプーです。

主洗剤は高級アルコール系に分類される「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」を採用しており、しっかりした泡立ちと強めの洗浄力で、地肌や毛穴に皮脂が残りやすい人でもサッパリした洗い上がりを体感できるでしょう。

馬油・ガゴメ昆布・加水分解ケラチンなど頭皮と毛髪をケアする成分をバランスよく配合しており、頭皮環境の改善にもかなり期待できます。

ウーマシャンプープレミアムを見る

◎守り髪 美髪ベースメイクシャンプー

商品名 守り髪 美髪ベースメイクシャンプー
通常価格 3,024円
定期購入価格 2,722円
お試し価格
解約縛り なし
内容量 400ml
返金保証 発送後30日間
主な成分 オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドDEA・γ-ドコサラクトン・ペリセア
無添加成分 シリコン

非常に強い洗浄力を持つ オレフィン(C14-16)スルホン酸Naをメインとして、細かい泡立ちでサッパリと洗い上げるシャンプーです。
この 守り髪の最大の特徴は、ハイダメージの髪の毛のケアに特化している点でしょう。

パーマやカラーを繰り返してパサパサに傷んだ毛髪を修復する美髪成分に関しては、トップクラスの配合量を誇ります。
頭皮の臭いと共に髪のダメージケアもしたい、という人向けのシャンプーです。

洗浄力が強いため敏感肌の人にはおすすめできませんが、30日という破格の返金保証が付いているので、万一合わなくても安心ですね。

◎CA-101

商品名 CA101 薬用ブラックシャンプー&トリートメント
通常価格 5,600円
定期購入価格 4,760円
お試し価格 3,360円
解約縛り なし
内容量 シャンプー260ml/トリートメント240g(約1.5~2ヶ月分)
返金保証 到着後30日以内
主な成分 ココイルグルタミン酸Na・クレイ・液体酵素・30種類の植物エキス
無添加成分 パラベン・香料・ミネラルオイル・シリコン

アミノ酸系界面活性剤と薬用炭・海泥で頭皮をサッパリ洗い上げるスカルプシャンプーです。
比較的洗浄力の高いアミノ酸系の界面活性剤と、炭や泥を使った毛穴汚れの吸着洗浄力が特徴。
細菌の繁殖を防ぐ成分も配合されており、べたつきや脂っぽい臭いに有効です。

ノンシリコンで多少きしむという声がありますが、セットのトリートメントを使うことでさっぱり&しっとりな洗い上がりを実現しています。
臭いの他にも薄毛や猫毛などが気になる人のスカルプケアに。

脂っぽい臭いでフケが出やすい:乾燥性脂性肌は落としすぎずに地肌ケアできるシャンプー

夕方くらいから脂っこい臭いが気になったり、細かいフケが出やすい人に多いのがインナードライ(乾燥性脂性肌)と呼ばれる状態です。

皮脂を取りすぎることによって頭皮が乾燥し、それを補うためにさらに皮脂が分泌されるという悪循環を解消するためには、皮脂を落とし過ぎず地肌の保湿力を上げる成分が有効です。

◎チャップアップ シャンプー

商品名 チャップアップ シャンプー
通常価格 4,180円+送料660円
定期購入価格 3,280円
お試し価格 なし
解約縛り なし
内容量 300ml(1~2ヶ月分)
返金保証 期限なし(定期便初回購入のみ)/30日間(単品購入)
主な成分 コカミドプロピルベタイン・10種のオーガニック成分・ジフェンヒドラミンHC
無添加成分 ミネラルオイル・ポリマー・シリコン

育毛剤のチャップアップから出ている、アミノ酸系シャンプーです。
特徴的なのが炎症やかゆみ、湿疹を抑える成分が含まれていることと、頭皮の血流をよくして地肌を健康に近づけることに力を入れている点でしょう。

育毛剤との相性が良いため男性に人気がありますが、頭皮が荒れ気味な女性にもお勧めです。
洗浄力はやや弱めなので、予洗いやすすぎをしっかりするのがポイントです。

◎スカルプDボーテ シャンプー「モイスト」

スカルプDボーテ シャンプーモイスト
商品名 スカルプDボーテ シャンプー「モイスト」
通常価格 3,900円
定期購入価格 3,315円
解約縛り なし
内容量 350mL(約1~2ヶ月分)
返金保証 なし
主な成分 グリチルリチン酸ジカリウム・ソイセラム(豆乳発酵液)
無添加成分 石油系界面活性剤・シリコン・パラベン、他

日本初の、ソイセラムを配合した大人の女性のためのシャンプー。臭いをはじめとした、フケ・かゆみ・ベタつきなどの頭皮トラブルを改善に導きます。

アミノ酸系洗浄成分でありながら、もっちりとした濃密な泡が魅力です。髪の根本や毛穴の汚れまでしっかり吸着し、臭いの原因となる余分な皮脂をやさしく洗い流します。

毛先までしっとりした美しい髪に育てたい人には、セットのトリートメントもおすすめです。

スカルプDボーテ シャンプー「モイスト」を見る

◎オアシス天然シャンプー

商品名 オアシス天然シャンプー
通常価格 4,968円
定期購入価格 4,968円(ポイント付与率が3倍)
お試し価格 1,080円 (シャンプー&コンディショナー各5回分)
解約縛り なし
内容量 400ml (約2ヶ月分)
返金保証 到着後7日以内(未開封のみ)
主な成分 ココイルメチルアラニンNa・約20種の育毛成分・18種のエイジングケア成分
無添加成分 パラベン・シリコン・ミネラルオイル

サロンで洗ったようなしっとり感が味わえるアミノ酸系シャンプーです。
洗浄成分は肌に優しいアミノ酸系を中心に4種類を配合。敏感肌や子供でも使える低刺激が好評です。

ケア成分で目立つのが、最新のDNE修復成分、AC11。18種のエイジング成分、20種類以上の育毛成分も配合しており、地肌ケアには定評があります。臭いや抜け毛が改善したという口コミが多い、おすすめシャンプーです。

オアシス天然シャンプーを見る

◎ラフィーシャンプー

商品名 ラフィースタイリストシャンプー
通常価格 4,800円
定期購入価格
お試し価格
解約縛り
内容量 1,000ml(約3~4ヶ月分)
返金保証 なし
主な成分 ラウラミドプロピルベタイン・ラウレス-6カルボン酸Na
無添加成分 シリコン・パラベン

頭皮が乾燥気味でフケが出やすいなどの悩みを抱える人に評価が高いのがラフィーです。

含まれる全成分の数が少ない極めてシンプルなシャンプーで、刺激が弱い代わりに洗浄力もあまり高くありません。
皮脂を取りすぎてしまわないので、乾燥した頭皮には優しい処方と言えるでしょう。

育毛効果などはあまり期待できませんが、サロン用の大容量で、ショートヘアなら半年持つほどコスパが良いのがうれしいポイントです。

ラフィースタイリストシャンプーを見る

酸っぱい/生臭い臭いを止めたい:頭皮のエイジングと加齢臭に効くシャンプー

女性でも40代から急に増え始める加齢臭は、酸っぱいような皮脂の分解臭が特徴です。

頭皮の酸化や糖化を押さえ、同時に紫外線や乾燥によるエイジングダメージを軽減するための成分を選びましょう。

髪のハリやコシのアップ、育毛も視野に入れるなら、コンディショナーとセットの物を選ぶもの一つの方法です。

◎マイナチュレ シャンプー

商品名 マイナチュレ シャンプー
通常価格 3,360円
定期購入価格 2,884円
お試し価格
解約縛り なし
内容量 200ml
返金保証 注文から14日以内
主な成分 ラウロイルメチルアラニンNa・フラーレン・コエンザイムQ10
無添加成分 パラベン・ミネラルオイル・酸化防止剤・シリコン・ポリマー

育毛剤で人気のマイナチュレが作った、地肌の健康に特化したアミノ酸系シャンプーです。
高価なアミノ酸洗浄成分を使ってしっかりした泡立ちと洗浄力を実現。

さらに育毛成分も豊富に含まれており、エイジング世代向けのアミノ酸シャンプーとしてはかなりのおすすめです。

保存料や酸化防止剤無添加にこだわり、お醤油のボトルのように空気が入り込まないニューボトルを採用して、さらに安全に気を配っているのも好印象です。

◎グローイングショット グラマラスケアシャンプー

商品名 グローイングショット グラマラスケア シャンプー
通常価格 3,132円
定期購入価格
お試し価格
解約縛り
内容量 370mL(約2ヶ月分)
返金保証 到着後8日以内(未開封のみ)
主な成分 オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・黒米エキス・パウダルコ樹皮エキス
無添加成分

化粧品大手のポーラが40代以上の女性を対象に開発したエイジングシャンプーです。
独自成分の研究に定評のあるポーラらしく、頭皮の保湿や白髪の改善に目標を絞っており、地肌をしっかりケアしたい人向けのシャンプーと言えます。

洗浄力は強めで、さっぱりした洗い上がり。ハリやコシがなくなってきた髪のボリュームアップに即効性が高いのも、リピーターが多い理由かもしれません。

◎アスタリフト スカルプフォーカスシャンプー

商品名 アスタリフト スカルプフォーカスシャンプー
通常価格 2,160円
定期購入価格 1,944円 (2回目以降は詰め替え用1,555円が届く)
お試し価格 1,296円 (シャンプー+コンディショナー+育毛剤のトライアルキット)
解約縛り なし
内容量 360mL
返金保証 到着後8日以内(未開封のみ)
主な成分 ココイルアラニンTEA・人型セラミド・アスタキサンチン
無添加成分 シリコン

7種類の洗浄成分でサッパリと洗い上げ、育毛成分や保湿成分にも力を入れたエイジングケアシャンプーです。

ナノ化した人型セラミドを配合しているので、ノンシリコンにもかかわらず指通りもサラサラ。
刺激が少ないアミノ酸系シャンプーなので、地肌も髪もいたわりたいエイジング世代におすすめです。

アスタリフト スカルプフォーカス シャンプーを見る

【頭皮の臭い対策】シャンプー選び以外にチェックすべき基本的なことは?

成分別におすすめのシャンプーを紹介しましたが、どんなに良い成分のシャンプーを使っても臭いが改善されない、という人がいます。

いったい何がダメなのか、どこを改善すべきかも合わせてチェックしましょう。
日常生活で注意すべき点を重点的に解説します。

せっかくのシャンプーが台無し!?間違った洗髪のタイミングや方法を改善しよう

シャンプーは洗浄剤です。汚れや皮脂を洗い流すことが主な目的なのに、「ボタニカル成分」や「育毛成分」というコマーシャルを鵜呑みにして間違った使い方をしていませんか?絶対にNGな洗髪習慣から見てみましょう。

絶対にNG!頭皮の臭いを強くする習慣はコレ!

×朝シャン

髪を洗う最も良いタイミングは夜です。

汚れを落としてスッキリした気持ちで眠りにつきましょう。特にアミノ酸系のシャンプーに多く含まれる育毛成分や毛髪補修成分は、眠っているときに分泌される成長ホルモンの働きによって効果が発揮されやすくなります。

時間がない朝にバタバタとシャンプーをしているようでは、高価なシャンプーを使ってもあまり意味がないことを肝に銘じてください。

×1日に何度もシャンプーをする

頭皮の臭いが気になるあまり、1日に2度も3度も髪を洗ってしまう。その気持ちはわからなくはありません。

でもそれは、かえって皮脂の分泌を活発にして臭いを強くしてしまうNG行動です。汗をかく時期は特に気になるかもしれませんが、どうしても洗いたければシャンプーを使うのは1回だけ、あとはノープー(湯シャン)に切り替えるなどの工夫をしましょう。

汗や汚れはお湯だけでも充分に落ちます。むしろ落としすぎない工夫こそが肝心です。

×タオルを使いまわす

バスタオルやフェイスタオル、かけて置けば乾くからもう一度使えるよね。なんてズボラをしてはいけません。

一度濡れて汚れたタオルは、雑菌の温床です。せっかくキレイに汚れを落とした髪にもう一度雑菌を塗り付けるなんて、とんでもないことです。

×香りでごまかす

頭皮の臭いが気になるからと言って、アロマ系の香りの強いシャンプーやコンディショナー、コロンを使うのはNG。臭いが強く複雑になるだけで、問題の解決からは遠ざかる一方です。

マスキング効果のある消臭剤も髪の毛や地肌に付着して余計な膜を作ってしまうため、結果的に地肌を傷めて臭いが強くなる原因になります。

正しいシャンプーの方法を習慣化しよう

頭皮の臭いをなくすために効果的なシャンプーの手順を覚えましょう。
一つ一つは簡単なことですが、見落としていることはありませんか?

1.洗う前のブラッシング

シャンプーする前に、ブラッシングでホコリを落としておきましょう。
特に髪の毛が長い人は必須項目です。

獣毛など、摩擦が少なく目の細かい柔らかめのブラシを使い、髪の毛の流れを解きほぐすように丁寧にブラッシングします。
このブラッシング一つで、シャンプーの泡立ちや行きわたり方が大きく変わります。

2.お湯で予洗い

シャンプーを付ける前に、ぬるめのお湯(38℃くらい)で髪を洗います。
ブラッシングで浮き上がった汚れの80%は、この予洗いで洗い流すことができると言われています。

充分に水分を含ませることはシャンプーの泡立ちを良くして摩擦を防ぎ、髪の毛の傷みを抑える効果もあります。

3.シャンプーは手で泡立てる

トロミのあるシャンプーは、手のひらの間でこすってもなかなか泡になりませんね。
ほとんどの場合は、そのまま頭に乗せて髪の毛の摩擦で泡立ててしまっていると思います。

手のひらでシャンプーが泡立たないのは、水分が足りないからです。
お湯を少し取ってから手の平で揉み合わせてみてください。
お湯を足しながら充分に泡がたってから、髪全体につけましょう。

4.揉み込むように洗う

髪の毛自体に付着した汚れは、最初の予洗いでほとんど落ちています。
シャンプーで落としたいのは、毛根にベッタリ詰まった皮脂です。

爪を立てないように注意しながら、指の腹で丁寧にマッサージするイメージで洗います。
洗い残した部分がないように、時間をかけてしっかりと汚れを浮き上がらせましょう。

5.たっぷりのお湯でしっかりと流す

頭皮の臭いが強くなる原因の一つが、シャンプーのすすぎが足りないことです。
いくら刺激が少ないアミノ酸シャンプーといっても、頭皮に残ってしまっては悪影響なのです。

シャワーヘッドを近づけ、両手を使ってタプタプするくらいのたっぷりのお湯ですすぎます。
特にベタイン系の界面活性剤は皮膚に残りやすい性質があるため、配合されたシャンプーを使う時は充分すぎるくらいにすすぐ必要があります。

もういいかな、と思ってからもう一呼吸。すすぎすぎて困ることはないので、オーバーなくらいじっくりと洗い流しましょう。

6.コンディショナーは地肌に付けない

髪の毛の質感を良くするためのコンディショナーやリンスは、地肌に付ける必要はありません。
毛先を中心に指で梳くようになじませ、地肌には擦り込まないように気を付けましょう。

すすぎはヌルヌル感がなくなるまで。シャンプーほど時間をかける必要はありませんが、残りすぎれば頭皮臭の原因になる可能性があります。

7.タオルドライはこすらずに

乾いた清潔なタオルで、頭を包むように軽く水を吸い取ります。
ポンポンと叩くようにするのがコツ。間違ってもゴシゴシこすってはいけません。

8.なるべく早く乾かす

地肌が濡れたままの状態で放置するのは、悪臭の原因の一つです。
フェイスやボディの保湿が終わったら、時間を置かずにドライヤーでしっかりと髪を乾かしましょう。

毛を立てるように持ち上げながら、根元から毛先に向けて乾かします。
髪の毛は特に熱に弱いので、ドライヤーは近づけすぎないように。湿った部分を残さないようにサラッと仕上げてください。

生活環境を見直して体の中から頭皮臭の元を絶つ!

体質に合ったシャンプーを使い正しい方法で洗髪をすることで、頭皮の臭いはかなり改善することができます。

それでも、皮脂が体内から分泌されるものである以上、完全になくしてしまうことはできません。
最後に、毎日の生活習慣の中で見直すべきチェックポイントのおさらいです。

生活環境はそのまま臭いに結び付く

環境の汚れは、そのまま頭皮の汚れに結び付きます。
特にチェックしたいのはこんな点です。

×枕カバーの汚れ

夜にシャンプーをしてるのだから、枕もそれほど汚れてはいないはず。なんてわけにはいきません。
枕には顔から出る皮脂や、場合によってはヨダレなんかもついちゃってるかも!?

枕カバーを毎日変えるのは、頭皮の臭いを防ぐためにはとても有効です。
毎日なんて無理、という場合でも、せめてきれいなタオルを敷くくらいの心がけを持ちましょう。

×帽子やヘアバンドも要注意

汗をかいても簡単には洗えない帽子。紫外線を防ぐためには積極的に使いたいところですが、汚れたままでは雑菌を頭に載せているのと一緒です。
定期的に洗うことを忘れないでください。大抵の物は、ドライクリーニングできれいになります。

もう一つが基礎化粧やメイクの時に前髪を上げるためのヘアバンドなどです。
色々な汚れが付きやすいため、雑菌の温床になっているかもしれません。
こちらは自分で洗うのも簡単なので、こまめに取り換えるようにしましょうね。

×部屋の汚れは肌の汚れ
時間がないから、見た目片付いているからといって、掃除をさぼるのは女子としていかがなものでしょう。
ダニやカビは見えないところでどんどん増えます。

掃除機をかける、ワイパーでほこりを取る、窓を開けて換気する。
頭皮の臭いをなくすためには、まず清潔で快適な暮らしを心がけましょう。

偏った食事や睡眠不足は最大の敵

ジャンクフード、ファストフード、冷凍食品。時間がないときや一人暮らしではついつい頼ってしまいますよね。
でも頭皮の臭いの原因である皮脂は、偏った食生活で過剰になる傾向が顕著です。

女性なら、ダイエットや美肌のために食事に気を付けている人も多いでしょう。
それはそのまま、頭皮の臭いの改善にもつながる習慣です。

逆にダイエットのためにオイルやたんぱく質を制限しすぎるのも考えもの。
バランスよく栄養素を摂り、ミネラルやビタミンも充分に補給して、体の中から臭いの元を作らないように気を付けてくださいね。

「肌は夜作られる」は、もはや女性の常識と言っても良いでしょう。
睡眠不足で目の下にクマが出来たり、顔の肌が荒れてしまったり。

その時、頭の皮膚も当然のように不健康な状態になっています。
顔はメイクでごまかせますが、荒れた頭皮から放たれる臭いまでは隠すことができません。
質の良い睡眠は、美容だけではなく頭皮臭の改善にもつながります。

【まとめ】頭皮の臭いは改善できる!

本気で頭皮の臭いをなくしたい女性のために、おすすめのシャンプーをはじめとする情報を紹介してきました。

頭皮の臭いにはいくつかの種類があると書きましたが、実際は「頭皮の臭いは人の数だけ種類がある」が正解です。

みんなの口コミが良いシャンプーが、イコール自分に合っているとは限りません。

でも、成分の種類と特徴を押さえれば、それだけ早く自分のオンリーワンにたどり着くこともできるはず。

健康な髪と地肌を手に入れて、一日も早くイヤな頭皮の臭いとサヨナラしましょう。