ペアーズ本音の口コミ!危険?怖い?実際に使った女性のリアルな体験談!

日本の婚活アプリの草分け的存在であり、累計会員数が700万人を超える国内最大級のマッチングアプリでもある「Pairs(ペアーズ)」。

身近に出会いが見つからない女性にとって、将来のパートナーを見つけられる可能性を秘めた、期待の婚活ツールの一つです。

でも、マッチングアプリを使うのは、何となく不安・・・。
そんな女性の声にこたえるために、ウーマンズマップ編集部が実際にペアーズを使っている・使ったことがある女性の「生の声」を集めました。


不安!怖い!ペアーズで実際に経験した悪い口コミ

これからペアーズに登録しようかな、と思う女性が漠然と抱いている不安はいくつかの種類に分けられると思います。

本当に出会えるの?
体目的の男性とマッチングしてしまうのでは?

ネット婚活に対する不安の理由の一つは、実際に会ってみるまで相手の本当の姿が見えにくいことです。まずはペアーズで「怖い体験」をしてしまった女性の声を聞いてみましょう。

【本当にあった怖い話】 私はこれでペアーズをやめました

今回のアンケートを集計してみて、ごく一部ではありますがかなりきわどい体験をした女性がいることがわかりました。

まずはペアーズで危険な思いをしたことがある、という女性の体験談を紹介します。
彼女らの身に、いったい何が起こったのでしょうか?

初対面でいきなりキスを迫られた!

体験1

メールの内容が紳士的でとても話しやすかったので会うことにしました。
会ってみるとメールで想像していた人物像と全く正反対で、自慢話ばかりでがっかりでした。

相手の車でレストランに向かったのですが、食事中の会話にもうんざりだったので、気のあるそぶりはしていなかったと思います。

食事後、帰る際になかなか出発しないなと思っていたら、体を触ってきてキスを迫られました。

これ以上は身の危険を感じたので、すぐさま車を降り、お店でタクシーを呼んでもらって帰宅しました。

その後も長文メールが何通も来て恐かったので、すぐにペアーズを退会しました。(30代前半)

編集部
読んでいて背中がぞくっとするような体験ですね。
狭い車の中でいきなり体を触られたり抱きつかれたりしたら、声も出せなくなってしまう女性も多いのではないでしょうか。

この女性はきっぱりとした姿勢を貫いて回避することができましたが、まさに犯罪すれすれ。
下手をすれば一生トラウマになってしまいそうです。

初めて会った女性を自宅に連れ込むなんて!

体験2

初めて会ったその日の食事後に自宅に誘われたことがあり、非常に不快でした(もちろん断って帰りました)。
予約してくれていたお店がその男性の自宅付近だったようで、初めからそういう目的だったのだと思います。(30代前半)


体験3

話が合った人と一緒に遊ぶことになり、ご飯や映画などを楽しんでいました。
夕方帰ろうと思っていたのに無理やり彼の家に連れて行かれたときが怖かったです。(20代後半)

編集部
ペアーズでメッセージを交換し、ある程度お互いに理解を深めたからこそ会おうと思ったのに・・・。
自宅に連れ込もうとするってことは、最初からカラダ目当てだったとしか思えませんよね(怒)。

学校や職場の女性をいきなり自宅に誘うとは考えられませんから、やはりネットという匿名性の高いツールを使って自分の欲望を満たそうとする、あさましいオトコもいるようです。

いやそれ、ストーカーですから!メッセージが怖い!

体験4

初対面の時にLINE交換をした相手。あまり感覚が合わないと思い避けていたら、「●●に何時ごろいた?」と偶然見かけたというメッセージが入って怖くなった。と、いうことが 二度あった。(40代前半)


体験5

1人だけこちらがお断りしているのに何度もメッセージを送ってくる人がいました。
その際どのような下着が好きかなど、知り合って間もないような人に聞くことではないような質問をしてきたことからとても怖くなりました。(30代)

ペアーズでは、プロフィールから相手を探し、お互いに気に入ると「マッチング」が成立します。
マッチングした相手とはペアーズ内でメッセージを交換し、会ってみたいと思える相手であれば実際に待ち合わせをすることになります。

この体験談からはそれ以前、メッセージの段階から怖い思いをしてしまった、という事例もあることがわかります。

40代前半女性のケースでは一度実際に相手と合っていますが、その後避けていたにもかかわらず付きまといとも取れる行動をとられてしまった(しかも2度も!)、というものです。

顔を知られているだけにとても恐ろしくて、身の危険すら感じてしまいますね。
自分の身にこんなことが起こったら、ペアーズどころか婚活アプリ自体、使う気をなくしてしまいそうです。

詐欺やネットワークビジネスに誘われた!

体験6

友達として何度か食事に行ったらネットワークビジネス目当てだった。(20代後半)


体験7

MLMや投資・詐欺かもしれないような勧誘をラインでされました。実際には会うのは怖かったです。(20代後半)

ネット婚活で男女ともに不安要素として取り上げられるものの一つに、いわゆる「業者」と呼ばれる存在があります。

いかにも真剣婚活に見せかけて、会ってみるとネットワークビジネスや投資など、交際とは全く関係のない話を持ちかけてくるもので、ペアーズに限らずほとんどの婚活アプリには一定数の業者が紛れ込んでいると言われています。

編集部
体目当てやストーカーに比べると危険性は低いように感じるかもしれませんが、実際に男性と2人で会っている時にしつこく勧誘をされたら、冷静に断れない可能性も出てきそうですよね。
メッセージだけで見破るのが難しいことも、厄介なところです。

危険性は低いけどイヤな思いをさせられて冷めてしまった

実際に身の危険を感じるほどではありませんが、ペアーズを使っていて嫌な思いをさせられてしまった女性たちもいます。
こんな体験談が集まりました。

それって誇大広告じゃないの?プロフやメッセージと実物が違いすぎて・・・

体験8

メールでは印象が良いなと思っても、実際に会ってみるとイメージと違うと思ったので、期待しすぎたかもしれません。(30代前半)


体験9

相手が思っていた感じと違った時、明らかにプロフィールは嘘だと思った時に相手に不信感が芽生えて嫌な気分になることがありました。(30代前半)


体験10

実際に1人だけ会ったが、やり取りした時と態度が違くてガッカリした。色々な人とマッチングしたが結局誰とも出会えなかった。(20代前半)


体験11

プロフィールに使用されている写真とは違う人が会いに来たことがありました。見た目で選んだわけではありませんでしたが、嘘をつかれたみたいでとても嫌な思いをしました。(20代前半)


体験12

実際に会ったときに、実物と写真の差が大きい人がいました。写真ではスマートに見えたのに、実際は小太りだったこともありました。そこは、アプリならではの悪い点だと思います。(20代後半)

うーん、ネット婚活あるあるですね。
プロフィールの写真や自己紹介を見て「いいね!」を送るのがペアーズの最初のアクションですが、そのプロフィールに嘘を書かれてはどうしようもありません。

まして他人の写真を使うなんて、もってのほか。会えば一発でバレてしまうのに、その男性はいったい何がしたかったんでしょうか。

性格や口調、クセなど実際に会ってみなければわからない物は仕方がないとしても、一目で見抜かれるような嘘をつく意味がまったく理解できません。

編集部
同じことは女性にも言えます。
あまり盛りすぎた写真や、良い女に見せようと事実と違うプロフィールを掲載してしまうと、真実の出会いからは遠のいてしまいますからご用心を。

女性を舐めてますか?メッセージの段階からすでにダメダメな男たち

体験13

LINEを交換したのですが、未読で返事をしていなかったら、アプリの方に怒りのメッセージが届いてて怖かったです。(20代後半)


体験14

いきなり卑猥な言葉を投げかけてきたり、相手を人間と思って接してこない人は不愉快でした。
ストーカーのように執着してくる相手は怖かったです。(30代前半)


体験15

返信がちょっと遅れただけで、長文のメールが何個も来ていて、最後のメールでもう退会しますというメッセージがきた。(30代後半)


体験16

メッセージ始まったその日に「会おうよ」と言ってくる人がいました。流石に信頼もできないし、怖かったので何かと理由つけて断っていましたが、あまりにもしつこいので、都合のいい日時を聞いたら夜中の11時からがいいと言われました。

本当に気になっているなら夜中には誘わないでしょと思い、そのまま返信せずに終わりました。会っていたらどうなっていたのか想像するだけで怖いです。いい人だけではないと思いました。(20代前半)

これこそネット婚活ならでは、顔が見えないからってやりたい放題です。
こんなことされて、ホイホイ会いに行くとでも思ってるのでしょうか。

編集部
この手の相手を舐めてかかったようなメッセージは、実害こそありませんが地味に精神をえぐられますよね。
これはマッチングした相手が悪かったと諦めて、さっさとブロックしてしまうしかなさそうです。

用心に越したことはない、でも・・・。心配しすぎて出会えなかった人も

体験17

顔写真を掲載しないと、なかなかマッチングしないところがあまり良くなかったです。悪用も考えられるので、顔写真を掲載するのは抵抗がありました。(30代前半)


体験18

相手の男性を信用するという点では最初は難しいものがあって、大丈夫かな?と思う部分もありなかなか会うまでに至りませんでした。どうしても会ったことのない相手だと不安で、こういった部分がネット恋愛の不安点なのかなと思いました。(20代前半)


体験19

やり取り自体は楽しかったのですが、実際に会うとなるとやや怖い気持ちもあり、二人きりで会うところまではいきませんでした。(30代前半)


体験20

事前にやり取りをしているにせよ、男女二人きりで初めて会うことが怖かったので最後まで出会うことができませんでした。(20代後半)

これは誰が悪いわけでもありませんね。
ネット婚活という仕組み自体に不安感を抱いてしまう気持ちは、よくわかります。

最初の一歩が踏み出せず、誰とも会わないままペアーズを退会してしまった女性も一定数いました。
特に最初の方に掲載したような怖い体験談ばかりを事前に見てしまうと、わが身に降りかかった時のことを想像して怯えてしまう人も多いでしょう。

編集部
ネット上のやり取りとリアルに相手に向き合うことの間には、目には見えない高い壁が立ちはだかっています。
その壁を越えた先に待っている出会いをキャッチするには、踏み越える勇気と危険を回避する充分な備えの両方が必要なのです。

悪い口コミから学ぶ!ペアーズで嫌な思いをしないために必要なこと

ここまで見てきたような怖い体験、嫌な体験談を見て、あなたはどう感じたでしょうか?

ペアーズはやっぱり危険だからやめよう、と思う人がいても、それは仕方のないことかもしれません。
女性は男性よりもリスクに対して慎重にならざるを得ないのがあたりまえだからです。

ただ、これらの体験はペアーズだけに限ったことではなく、ネット婚活をするうえで、誰にも降りかかってくる可能性のあることばかりです。

ネット婚活をあきらめてしまう前に、危険を回避する方法があるなら知っておきたくはありませんか?

ペアーズの口コミから学ぶネット婚活の危険3パターンとは?

体験談を細かく分析してみると、そのほとんどが3つのパターンに分けられることに気づきます。
それぞれどんなパターンでどんな対処方法が正しいのか、ひとつづつ確認してみましょう。
 

ヤリモクの見分け方と対処方法は?あなたの身に危険が迫る前にすべきこと

ネット婚活や出会い系アプリには一定数、「ヤリモク」と呼ばれる男性会員がまぎれ込んでいます。
ヤリモクは「ヤリ目」、つまりセックスだけを目的にネットに出没するオトコを指す言葉で、当然ながら会員数が多いペアーズにも、相当数のヤリモクが登録している可能性があります。

登録時の身元確認やプロフィールで見分けることはできないので、運営会社が事前に排除することは難しく、実際に出会ってしまってはじめて気づく、という厄介な相手です。

ただし目的がシンプルなだけに、ヤリモクを見抜くことはそれほど難しくありません
ヤリモクにはいったいどんな特徴があるのでしょうか?

ヤリモクの特徴
  • プロフィールが簡単で、あまり個人的な内容を書きたがらない
  • メッセージを始めたばかりの早い段階でLINE交換を持ちかけてくる
  • メッセージを始めたばかりの早い段階で外で会うことを持ちかけてくる
  • メッセージを始めたばかりの早い段階からタメ口やちゃん付けのメッセージを送ってくる
  • 一人暮らしアピールが強い、一人暮らしかしつこく聞きたがる
  • 最初の待ち合わせから夜遅い時間を指定してくる
  • 最初の待ち合わせからドライブに誘ってくる
  • 待ち合わせにあまり繁華でない場所を指定してくる

こうして文字にしてみるとあまりにもあけすけで、いわゆるチャラ男丸出しな感じがしますね。
真剣に婚活をしている女性であれば、まず引っかからないだろうという軽さが目立ちます。

メッセージの段階でピンとくることも多く、体験を寄せてくれた女性たちの中にも、メッセージでカラダ目的と察してブロックした、という証言がありました。

ヤリモク男性はとにかく少しでもコストをかけずに早く目的を達したいので、じっくり腰を据えて信頼関係を築く手間を敬遠する傾向があります。

ただしペアーズの場合、これらの特徴がそのまま当てはまらない場合もあるのが、少々やっかいです。

ペアーズでは男性会員が機能を使うためには、月額最低3,000円程度の会費が必要です。
その代わり一旦有料会員になればマッチングした女性に送るメッセージには制限がないため、最初の何通かのメッセージはいかにも普通で、ヤリモクなのか真剣交際希望なのかの見分けがつけにくいことがあるのです。

体験談でも出てきたように、会ったとたんに車に乗せようとしてくる人、自宅やホテルに誘おうとする人と出会ってしまったら、きっぱりお断りしてさっさと帰りましょう。

編集部
どんなに見た目が素敵で会話が楽しくても、その男性はあなたのオンリーワンにはなりません。
他の女性にも片っ端から声をかけ、あわよくばと狙っている狼なのですから。
 

業者に当たってしまったら?お金をむしり取られる前に通報を!

次に紹介するのは、やはりネット婚活で遭遇率の高い悪質な男性会員、「業者」と呼ばれるものです。

業者にはいくつかのパターンがあり、それぞれアプローチの仕方が違います。見分けるのが難しいケースもありますが、こんな男性会員には注意しましょう。

業者の特徴
  • メッセージを始めたばかりの早い段階で外で会うことを持ちかけてくる
  • 仕事や収入、家族のことをそれとない口調で聞きたがる
  • メッセージを始めたばかりの早い段階でLINE交換を持ちかけてくる
  • LINEやメールでのやり取りが始まってから、他のWEBサイトに誘導しようとする

1つ目2つ目は、投資や情報商材・マルチ(MLM)などへの勧誘業者の特徴です。

直接会って話をしないと営業できないので、昼間のカフェなど安心感のある場所での待ち合わせを打診してきますが、最初のメッセージからデートのお誘いのタイミングがあまりにも早すぎる場合は、用心したほうが良いかもしれません。

3つ目と4つ目は、外部の有料サイトへ誘導しようとする業者がよく使う方法です。

こちらはかなり手の込んだ手口を使ってくることがあり、まずペアーズ内のメッセージのやり取りで親しくなって個人のメールやLINEアドレスを聞きだしてから、突然メールやスマホの不調を口実にして別のアドレスでやり取りしようと持ち掛けます。

うっかり相手のペースにはまって外部メールやWEBサイトに登録すると、高額の料金をふっかけられてしまいます。

男性をターゲットにする業者がよく使う手口ですが、女性相手にも同様の業者が出没することが確認されています。

編集部
ヤリモクが個人でやっていて比較的ガードしやすいのに比べ、業者は組織ぐるみだったりよく練られたノウハウを持っていたりして、ペアーズのメッセージだけでは中々見抜けません。

少しでも怪しいと感じたら、サクッとブロックしてカスタマーサポートに連絡しましょう。

 

プロフィール詐欺?会ってみてビックリ!

メッセージのやり取りをして好感を持ち、ワクワクしながら待ち合わせの場所へ向かったら・・・。

そこに待っていたのがプロフィール写真とは似ても似つかない別人だった、なんて、ガッカリを通り過ぎて呆然としてしまいそうです。

ただ、このパターンは上の2つと比べると悪意は低く、精神的なダメージ以外の被害もほとんどありません。

プロフィール詐欺という言葉を使いましたが、相手の男性も実際に詐欺を働くつもりなどなく、単にナルシストか度を越したシャイで、ありのままの姿を載せられなかっただけ、という可能性もあります。

厄介なのは、プロフィールに書いてあった職業や趣味が嘘だった場合です。
お金と結婚するつもりじゃないわ、なんて言ってみたところで、固い職業だと思っていたら実はフリーター、なんてケースは婚活女性としては願い下げなはずです。

女性受けを良くするためにメッセージでは優しさをアピールしておきながら、実はDV男だった、なんて可能性もゼロではありません。

こればかりは実際に会ってみなければわからないので、ネット婚活をする上では避けて通れないハードルと割り切るしかありません。
 

ペアーズで出会えなかった・・・悪い口コミから学ぶ3つのこと


ペアーズを使ったものの、結局出会いを得ることができずに退会してしまった。
そんな声から、同じ残念な結果に陥らないために学ぶべきことを押さえておきましょう。

プロフィールだけでなく、メッセージの中身をしっかりチェックする

ヤリモクやストーカー・既婚者・業者などを振り分けるためには、プロフィールだけで判断してすぐに会おうとせず、しっかりとメッセージを交換して相手を見極めることが大切です。

少なくとも1週間程度はお互いを理解するために、ペアーズのメッセージを利用しましょう。
個人情報であるLINEやメールのアカウントを教えるのは、「この相手は信用できそう」と判断してからです。

最初の待ち合わせはできれば昼間、人目の多いところで

仕事の都合などでどうしてもタイミングが合わない場合は別として、最初の待ち合わせはできるだけ早い時間にしましょう。

夜の食事に誘われた場合も、初回はできるだけ人目のあるお店を選ぶこと。
不用意に2人切りになって勢いに流されてしまわないように用心するのも、婚活では大切な心構えです。

ダメだと思ったらきっぱり断ること。危険を感じたらサポートに通報も

多くの女性は最初の出会いであまり気が合わないと感じても、はっきりと断ることをせずにうやむやに済ませようとする傾向があります。

メッセージを無視すれば相手に通じるだろう、なんて甘く考えていると、思わぬ嫌な目にあいかねません。

共通の知人などのしがらみがないネット婚活ですから、2度目はないな、と思ったらきっぱりとお断りのメッセージを送りましょう。

そのうえでしつこく付きまとわれるようなら、相手をブロックしたうえでペアーズのカスタマーサポートへ連絡を。

注意

ペアーズの婚活で何よりも大切なのは、自分が許容できる範囲、譲れない範囲をしっかりと持つことです。

女性側もプロフィール写真はできるだけ写りの良いものを使ったり、趣味や好みを控えめで男性受けの良さそうなものしか書かないというのはよくあること。会ってみてビックリはお互い様かもしれませんよね。

知らない人間同士、実際に会って話をしてみなければわからないこともたくさんあります。
メッセージで充分にやり取りをして興味を引かれた相手なら、勇気を出して直接会いに行ってみてください。

やってて良かった!ペアーズで出会えた女性の口コミ!

ここまでペアーズの悪い口コミと、その対処方法を紹介してきました。
このまま終わるとペアーズはやるだけ無駄、むしろ危険や嫌な思いしかしないと思われてしまいそうですね。

ウーマンズマップが行ったペアーズ利用者のアンケートでは、パートナーに出会えた、恋人・友達ができたという声も数多く寄せられました。

今度はペアーズで成功をつかんだ女性たちの声を聞いてみましょう。

【やったね!】ペアーズで良い結果を出した女性たち

今回のアンケートの集計でもっとも数が多かったペアーズでの婚活の結果は、残念ながら「出会えなかった(51%)」というものでした。

ただ、これを逆に見ると、残りの49%の女性は何らかの形で新しい出会いを果たしているということになります。

その中から特に印象深かったペアーズ会員の生の声を伝えします。
 

恋に発展するかはあなた次第!?異性の友達ができた!

まずは全回答者の31%を占める、「男友達ができました」という女性の声を見て見ましょう。

体験1

気軽な気持ちでイイネできるので、多くの男性との出会いが出来ると思います。2人ほどお会いしましたが、楽しくランチできて楽しかったです。そのうちの1人とは友達になって、たまに会っています。(30代前半)


体験2

時間を気にせず、手軽にできるところが便利で良かったです。話の合う方にマッチングすると、面白かったです。(20代前半)


体験3

趣味が合う男性と出会えました。普段の生活で自分と同じ映画や音楽を好きな人とはなかなか出会えないので良かったです。(20代後半)


体験4

恋愛経験が少なく、男友達も同じようなタイプの人間ばかりだったので、今までに関わりがなかったような男性(良い悪い含め)と関わりを持てたのは人生経験として良かったと思う。自分が行ったことがないところにデートに連れて行ってくれたことも経験としては良かった。(20代後半)


体験5

暇つぶしにぴったりの相手が見つかったのは良かったと思います。相手も私も好きな時に連絡しあって飲みに行ったり、遊びに行ったりするような仲です。(30代前半)


体験6

趣味が同じ男性に出会えて、話がはずみ、一緒にツーリングにでかけたり、海に行ったりと、すごく楽しい時間を過ごせています。(30代後半)


体験7

食事をしたり楽しかったし普通に仲良くなりました。普段出会えないような男性と交流できたので友人が少ない人でもオススメしたいです。(20代後半)

異性との出会いの場が少ないことが理由でペアーズを使い始めた女性の中からは、趣味や遊びを共にできる男性と出会っただけでも良かった、という回答が目立ちました。

ネット婚活ならではの強みとして、時間を気にせず隙間時間で相手が探せることを利点としてあげているのも、なるほど納得です。

編集部
普通の恋愛でも、最初はお友達から、というパターンが多いでしょう。
趣味があう、一緒にいて楽しいと思える男性と出会えれば、そこから恋に結婚にとつながっていく可能性は大いにありますよね。
 

ペアーズで恋人ができた!実際に出会いを手にした体験談

ペアーズを通して恋人ができたという、うらやましい女性たちの体験談です。
趣味や好みから細かく条件を絞った結果、一緒に過ごせる異性と出会えたという声が寄せられました。

体験8

自分と同じ趣味の男性に出会うことができたり、自分が「会いたい」と思えた男性とだけ会うことができるので、自分のペースで続けることができました。毎日のように続ける必要もないですし、自分がやりたいときにできるという点もわたし的に魅力でした。(20代前半)


体験9

自分で好みの人を選べるから楽しかったです。マッチングすれば、すぐにメッセージしてくれるので、モテた気分になりました。メッセージを重ねるごとに、信用できる人だけを選別して、会いに行きました。それが今の彼です。(20代前半)


体験10

異性との出会いが無くなっていたので、ペアーズで気の合う彼氏が出来て良かったです。一緒に美味しい物巡りをしたり、夏祭りに行って楽しんでいます。(30代前半)


体験11

恋活目的で始めましたが、マッチングアプリ初心者の私にとって本当に恋人ができるかどうかは半信半疑でした。実際に会うとなってからも若干相手に対して警戒心を持っていましたが、すぐに打ち解けお付き合いすることができました。(30代後半)

編集部
20代前半の世代では、元々ペアーズを使って男性と出会うことにあまり抵抗がないことがうかがえます。

たくさんの男性とメッセージのやり取りをして好みの相手を見つけようという積極的な姿勢が目立ちました。
20代後半からは、じっくりとメッセージのやり取りをしたうえで実際のデートに進む人が多く見られました。

ペアーズの特徴の一つ、豊富なコミュニティ機能が出会いに一役買っていることがわかります。

 

結婚(婚約)しました!ペアーズへの感謝の口コミ

アンケートの結果、実際に婚活に成功した!という女性が見つかりました。
全体の8%という数字が高いか低いかはさておき、こんな声が寄せられています。

体験12

いろいろな人がいるし、自分の趣味のコミニュティに入ることで、自分と合いそうな人を見つけることができた。(20代前半)


体験13

しっかりとした個人情報管理体制が整っているので安心して使うことができます。そして、条件設定も細かくあるので、自分の理想の人を見つけやすいです。(20代前半)


体験14

普段なかなか知り合う機会のない職業の男性と食事に行ったり、良い刺激になりました。結果的に今の主人と出会えて満足です。(30代前半)

ペアーズの特徴をうまくつかんで成功した女性たち。
なんといっても会員数が圧倒的に多いことが、婚活成功につながっていることがうかがえますね。

編集部
どの女性もたくさんの男性会員に目移りすることなく、しっかりと的を絞って自分に合う相手を見つけ出すことに成功しています。
恋人ができた人にも共通して、趣味のコミュニティと条件検索の両方を上手に利用している点が印象的です。

ペアーズで婚活を成功させるコツは?やってはいけないことは?

すべての声を様々な角度から見ていくことで、ペアーズでパートナーと出会えた女性たちの特徴が見えてきます。
集計を元に割り出したデータから、ペアーズで出会いを掴んだ女性たちの傾向を見てみましょう。

みんなどれくらいペアーズを使ってるの?出会えるまでの期間や使用頻度

女性は無料で使えるとはいえ、アプリを立ち上げてプロフィールをチェックし、メッセージに返事をして・・・。

ペアーズでは出会うまでにクリアしなければならないプロセスがいくつもあります。
隙間時間を効率よく使うことが、成功につながることも多いようです。
 

良い結果が出た女性はどれくらいの期間・頻度でペアーズを使っているの?

できるだけ早く良い結果が出ればそれに越したことはありません。
実際にペアーズを使って友達以上の男性と出会った女性たちは、どのくらいの期間、どれくらいの頻度でペアーズを使っていたのでしょうか?

まずはペアーズに登録してから退会するまでの期間を調べてみました。

ペアーズに登録していた期間

もっとも多くの回答は、3ヶ月~半年でした。
2番目に多い3ヶ月以内と合わせると、81%の女性が半年以内に結果を出していることがわかりました。

次にペアーズに登録してから、実際にどれくらいの頻度でアプリを立ち上げていたかの集計です。

ペアーズを使っていた頻度(回数)

最低でも週に3回、毎日チェックをしていたという人も相当数いることがわかります。
出会いが上手くいった人の81%は、ペアーズを放置せずにこまめにチェックしていたようです。

結婚相談所などと違って24時間好きな時に使うことができる婚活アプリの利点として、自分が働いている、あるいは眠っている間にも男性から「いいね!」やメッセージが送られている可能性があります。

せっかくメッセージを送っても、何日も放置されてしまっては相手もガッカリですよね。

少なくとも1日おきくらいにはチェックをして、気になる相手には早めにメッセージを返すなどの活動を続けたほうが、良い結果に結びつきやすいことがよくわかります。
 

出会えた人が受け取った「いいね!」の数はどれくらい?

ペアーズでは、男女双方から「いいね!」が一致してマッチングした相手にしかメッセージが送れません。ということは、出会えた人はそれだけたくさんの「いいね!」をもらっているのでは?
実際の数をお見せします。

ペアーズで「いいね!」を送られた数

良い結果を得られた女性が受け取った「いいね!」の数が一番多かったのは、6~10個の間、という結果が出ました。
一番少なかったのは「友達ができた」という30代前半女性の2件。

過半数の57%の女性は、「いいね!」を10件以下しか受け取っていないにもかかわらず、その中から気の合う男性を見つけ出していることになります。

この結果には、正直ちょっとびっくりしました。
「いいね!」の数が多いほどモテる=恋人ができやすいというイメージがありますが、決してそうではない、ということだからです。

ここでもやはり、こまめなチェックとメッセージの返信が出会いのチャンスをグンと引き上げる、ということがわかりますね。

こんな行動はNG!出会いを遠ざけるやってはいけないこととは?

最後に、ペアーズで素敵な出会いを見つけるために、絶対に避けてほしい行動をまとめます。

今回のアンケートで得られた男性からの回答を元に、男性はどんなところを見ているのか、どんな行動にがっかりしたのかを紹介しましょう。
 

【プロフィール編】婚活にこんなプロフィールはダメ!

体験1

1人の女性と待ち合わせしたが、写メと全く違う女性が来た。人違いと願い、声をかけるとその人でした。結局、好みじゃない女性へ夕食をおごり、食後すぐに帰宅しました。(30代前半)


体験2

ペアーズで使用している写真が加工されている、写りが悪いなどがあり実際に会って見ると自分が思っていたイメージと違う場合が多い気がします。(20代後半)


体験3

マッチングしても、顔写真がなかったり、プロフィールがなかったりする方はあまり相手にしません。(30代前半)

プロフィールに写真を載せることは、ペアーズで「いいね!」をもらうための最低条件と言っても良いでしょう。
顔がまったくわからない相手には、中々声がかけずらいのが当然です。

だからと言って、あまり盛りすぎたり加工した写真をプロフィールに載せてしまうと、実際に会ってからが続かない可能性が高くなります。

編集部
自然な自分が表現できる、でもできるだけ明るく印象の良い写真を選んでプロフィールを作りましょう。

【メッセージ編】男性が嫌がるのはこんなメッセージ!

体験4

マッチングまではしてもメッセージへの返信が一切なかったり、会う約束のドタキャンなどもありました。青森市から函館まで行って一時間だけ会ってフラれるという苦い思い出もあります。(20代後半)


体験5

メッセージのやりとりをしているうちに、相手が理解不能なことを聞き出したので無視をしても一方的にメッセージが来続けるのは怖かったです。(30代前半)


体験6

メッセージをやりとりしても途中で来なくなったり、数通で会いませんかと言われることがありました。あと写真のところをわからないようにぼかしたりして芸能人の写真を使ってる人とかいました。(20代後半)


体験7

極たまにですが、出会う気がない上にメッセージのやり取りも適当な方がおられました。こういった方々に振り回されて、約束をすっぽかされた事があったので非常に残念でした。(20代後半)


体験8

会おうという話にまでなったのに、直前になってキャンセルをされてしまったのはショックが大きかったです。(30代後半)

編集部
マッチングしてメッセージを送っても返信がなかったり、適当なメッセージを送られたりという声はかなり多く見られました。
また、男性でもネットストーカーまがいの迷惑メッセージを受け取っている人もいます。

最初のメッセージを送るのは、男女に関係なくドキドキするものです。
誠意をもってていねいにメッセージを繋ぐことが、出会いにはとても大切だということがよくわかります。

ペアーズは、女性が使う限り会費がかかりません。
そのため、女性のアカウントを作って男性会員を狙う業者が多数存在します。
そのような業者と間違われては、元も子もありませんよね。

メッセージを送るときには、そのメッセージが相手からどう見えるかを考え、きちんと誠意が伝わるように意識しましょう。

ペアーズで出会いを掴むために大切なこと5カ条!

ペアーズを実際に使った人の口コミ、いかがでしたか?これらの声には、ネットを通して理想の相手を見つけるために必要なノウハウがぎっしりと詰まっているように思います。

ペアーズで婚活を成功させるための大切なポイントをまとめると、この5つになります。

  1. プロフィールは正直に、自分アピールをしっかり充実させる
  2. プロフィール検索やコミュニティを駆使して、好みの相手を積極的に探す
  3. 放置せずに定期的にチェックして、チャンスを逃がさない
  4. メッセージはていねいにじっくりと。お互いの理解が深まることを心がける
  5. 慌てて個人情報を渡さない、危険と感じたら直接会わない

あなたにも、ペアーズで素敵な出会いがありますように。
体験者の声を活かして楽しく婚活しましょう!

資料
この記事は、ウーマンズマップ編集部が独自に行った「ペアーズを利用した人へのアンケート」を元に構成しました。
・アンケート期間:2018年7月上旬(3日間)
・有効回答数:72(女性41名・男性31名)